復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れ話しの内容を復縁相談時に復縁屋はお伺いさせて頂きますが、別れ話しの内容で気にするのは彼氏(彼女)から言われた別れの原因らしき内容ばかりであり、彼氏(彼女)から言われた事を改善して復縁しようとする相談者様は少なくありません。

別れ話しの内容を相談者様はとても気にするのですが、復縁屋にしてみれば別れ話の内容だけに固執して復縁しようとしている相談者様に見えますし、別れの本当の原因に辿り着かず、別れ話で話した内容だけを元に復縁活動をするので別れ話しの内容に固執する相談者様は復縁出来ない事をお伝えさせて頂いています。

別れ話では、彼氏(彼女)が話す内容は、別れの原因の一つかもしれませんが、別れの原因の一つだけに着目した復縁活動をしたところで、別れを決断するには様々な問題が生じたので別れに至った訳ですから、その様々な別れの原因について考えず、彼氏(彼女)から言われた事だけを気にする相談者様が本当の別れの原因に辿り着く事はありませんし、本当の別れの原因に辿り着かないけど、本当の別れの原因に辿り着いているように錯覚するので別れ話しの内容を気にし過ぎる相談者様は復縁できないのです。

別れ話を聞かされた相談者様は、突然の出来事にビックリして、何故自分が別れを告げられたのか?を話しの流れだけで、お考えになりますが、彼氏(彼女)にしてみれば思うところが沢山あっても、思うところを別れ話の時間内に全て伝えられる事はなく、かいつまんで伝える事で別れたい気持ちを相談者様に伝える事が出来るのですから、別れ話で全ての別れの原因を相談者様に伝える事はないのです。

別れの本当の原因を全て伝える事が出来ないのに、相談者様は別れ話の内容の気になるところが頭を掠めますが、彼氏(彼女)は別れの本当の原因が伝わらなくても別れたい気持ちが伝わったのですから十分であり、別れたい気持ちが伝わり、別れられた彼氏(彼女)にしてみれば別れ話は成功になっているのです。

別れ話しをする時に、相談者様は別れたくないので、彼氏(彼女)からされる別れ話に耳を傾けながら、どうやって別れないで済むか?を模索するのですが、彼氏(彼女)の決意は固く、彼氏(彼女)はどうやって納得してもらうか?を考えるので、別れ話は基本的には平行線で進みます。

平行線の会話は少しづつ別れたい彼氏(彼女)の気持ちの強さに押され、相談者様は応じずにはいられないのですが、別れたくないので別れ話に応じるのではなく、どうやって応じずにいれば良いか?を進めようとしても、別れ話は進み、彼氏(彼女)の意向に沿った方向に進まざるを得ません。

別れ話を持ち出した彼氏(彼女)の方が立場が強くなり、好きという気持ちが無くなって来た事や、交際の継続が難しい事に気付いた相談者様は如何に別れ際でキレイに別れなければならないか?を考えなければならず、そうこうしてる内に別れの本当の原因からは遠ざかり、彼氏(彼女)の気持ちが相談者様には向いていない事を受け止めなければならなくなり、如何に別れない様にするか?ではなく、別れてからどうやって復縁すれば良いか?という方向に進まなければならなくなります。

『別れたくない!!』と頑なに対応する事で、別れたいのに応じてくれない、話しを聞いてもらえない、ワガママだ、不毛な会話が面倒くさい…となってしまい、別れたくないと伝え続ければ続けるほど、『別れたつもりでいるから勝手にすれば!?』と、彼氏(彼女)と話し合って決めるのではなく、関係にピリオドを打たれてしまいます。

関係にピリオドを打たれてしまうと、後々の復縁活動に影響を及ぼしますし、別れた後に話し合いが出来ない状態を作ってしまい、話し合いの場は出来ても話し合いが出来ない人という印象を与えてしまうので別れ際に縋るような行動も別れを決断する要因の一つになり、復縁出来ない可能性を上げてしまうのです。

復縁屋にはそのような状況になって復縁相談をいただく相談者様が多く、相談者様から別れ話の内容をお聞かせいただくのですが、お話をお伺いさせて頂くと大抵がこの流れであり、別れの本当の原因に辿り着く前に別れる、別れないの話しに進んでしまい、復縁活動をする為の情報を彼氏(彼女)から入手出来ずに復縁活動をしなければならなくなっている相談者様は少なくありません。

本当に復縁したいなら、別れ話の内容はもちろん大切ですが、そこにある真意を汲み取れなければ復縁できる訳もなく、復縁したい彼氏(彼女)と交際時にも、彼氏(彼女)の真意を掴めない会話の仕方をしていたので別れを決断された事を考えれば、相談者様が自分の力で別れの本当の原因に辿り着くのはとても難しく、復縁活動をしている相談者様の9割以上が復縁出来ずに復縁したい彼氏(彼女)を諦める結果になるのも頷ける結果となります。