間違えた事をしたなら直そう!と聞いて当たり前だと思いますよね?

もしも、間違えた事をしても直さない!!と思うなら直さなくても良いと思います。

間違えた事を直さなくても死にはしませんし、生きていく上で支障はありません。

間違えた事をしたなら直そう!と聞いて当たり前だと思うならどうやって直すか?についても考えてみましょう。

中国の孔子の言葉に「間違えた事を放置し、直そうとしない。それこそが本当の間違った事」という言葉がありますが、この言葉を聞いてどう思いますか?

復縁したい人の多くに学んで欲しい言葉になり、間違えた事をしたなら直そう!と聞いて当たり前だと思う人は『なるほど!』と思ったのではないでしょうか?

間違えた事を直さずに放置していれば間違えた事をしていない!と同等の意味になります。

間違えた事をしても直さない!という言葉の意味と間違えた事をしていない!!という言葉の意味は異なりますが、他人の捉え方は同じになるのです。

間違った事を直さず放置しておくという事は間違った事をしている自分を肯定している事にもなり、間違えた事をしたなら直そう!というのは当たり前の事にもかかわらず当たり前の事が出来ていないという事でもあります。

復縁したい!!と思っている方は何か思い当たる事はありませんか?

別れを告げられた元恋人から『〇〇をやめて欲しいんだけど…』と指摘されて『分かった!今度から直すね!!』という言葉を伝えていながら直さない…

いつまで経っても言われた事を直さないので元恋人は呆れてしまい『別れよう…』という言葉を出して来たところで『次は絶対に直すから別れないで欲しい…』と縋る。

身に覚えありませんか?

『分かった!今度から直すね!!』という言葉は、自分が間違っている事を認めています。

自分が間違っている事を認めているのですが、行動は間違っていない!と示しています。

あなたが行動で間違っていない!!と元恋人を否定すれば、元恋人はあなたへの交際で先が見えなくなります。

交際で先が見えない事を示したあなたが先の見えない状態のまま『復縁したい!!』と伝えたところで気持ちも言葉も伝わりません。

あなたが『復縁したい!!』と伝えたところで、交際の未来が見えない状態にしたのはあなただよ!と思われてしまい復縁に進む事はありません。

冒頭の言葉を読み返してください。

【間違えた事をしたなら直そう!と聞いて当たり前だと思いますよね?】という言葉は間違えた事をしたなら直すのは当たり前!という言葉です。

当たり前の事が出来ない人と良い関係を築きたいと思う人はいますか?

当たり前の事が出来ない人と交際を続けて楽しいでしょうか?

当たり前の事が出来ない人というのは大人の世界では常識がない人に分類されます。

常識は人それぞれ異なりますが、常識がないな…と思える人と交際したいと思うのでしょうか?

もしも、間違えた事をしても直さない!!と思うなら直さなくても良いとも冒頭で書かせて頂きましたが、間違えた事をしても直さない!!という人はそもそも復縁を考えても無駄ですから復縁屋は話す価値がないと判断します。

間違えた事を直すのは当たり前であり、社会人であり、大人であれば当たり前の事が当たり前に出来なければ社会人であり大人の元恋人が振り向いてくれる事はありません。

復縁したいなら間違えた事は直すのは当たり前であり、間違った事を直さずに自分の要望(復縁したい)を叶えさせようとしても出来ない事は分かりますよね?

言葉で『間違った事は直すのは当たり前!!』と言うのは誰にでも出来る事ですが、『間違った事は直すのは当たり前!!』という行動で示す事が出来ない人が復縁したいと口にします。

復縁したい方全員が言葉と行動が伴わないとは言いませんが、復縁相談を頂いていると9割近くの方が言葉と行動が伴わない状態で『復縁したいです!助けて下さい!!』と口にしている事に気付きます。