復縁を望む方々は自分に都合良く考える傾向があります。

自分い都合良く考える傾向が強い為、復縁できないのですが、誰しもが自分に都合良く考えていはいないと考えます。

人間は弱い生き物なので、自分にとって都合の良い事と悪い事があれば都合の良い方向に進でしまう生き物になります。

過ちを認めたくないから自分の非を他人のせいにする。

自分では気付かないけれど『言い訳ばかりするのは良くないよ』と言われた経験ありませんか?

自分は悪くない!という言い訳をする為に、自分にとって都合の良い事を探せば気持ちが楽になり、責任を誰かに押し付ければ現実から目を逸らせます。

現実から目を逸らせば気持ちは楽ですが、現実から目を逸らし続けても現実は変わりません。

復縁できない人は現実から目を逸らしている自分にお気付きでしょうか?

別れるには理由があり、別れに進むにはどちらかの気持ちが離れてしまった理由があります。

人間の気持ちを変える事が出来るのは人間です。

元彼(元彼女)の気持ちを変えさせてしまったのは一体誰でしょう?

別れに到り、復縁したいなら元彼(元彼女)の気持ちを変えてしまった原因に着目しなければなりません。

元彼(元彼女)の気持ちが離れた理由を考える前に、誰が元彼(元彼女)の気持ちを変えてしまったのか?を考えた事はありますか?

元彼(元彼女)の気持ちを変えてしまったのは浮気相手でも会社の同僚でも友人・知人でもありません。

あなたとお付き合いをしているメリットを感じないから別れを告げられた訳ですから、原因はあなたにあるのです。

あなたに原因がなければ別れを切り出される事もありませんし、あなたとの関係に満足しているなら今あなたは復縁したいと悩む事もありません。

他人のせいにする癖を持つ人は多く、自分のせいにする事が出来ない人は中々いません。

日本人なら北朝鮮の金正恩国家元首を見て、アメリカや日本、韓国のせいにしているけれど、まず自分が核を廃棄すれば交渉に応じてあげるのに…と思った事が一度はあると思います。

自分で原因を作っているにも関わらず他人の所為にしている人を見てどう思いますか?

『金正恩国家元首はバカだな~北朝鮮が変われば世界の見方も変わるのに!』と思いませんか?

そして、『自分達に都合の良い要求ばかりして何言ってるんだろ?まずは北朝鮮が核を撤廃して、それから交渉のテーブルにつけば話しを聞いてあげるのに…』とおも思いませんか?

復縁を望む人は、別れの原因という核を持っている状態です。

核を持っている状態で核を廃棄せずに復縁したい!と言って、信用してもらえる事はありません。

自分にとって都合の良い事ばかりでは復縁出来ないと言われる所以は正に北朝鮮の金正恩国家元首が行っている事を自ら実践しているからだと自覚しなければ永遠に復縁できる日が来る事はありません。