元彼に「(気持ちが)もう重すぎてムリ…別れたい」と言われて破局を迎える人は少なくありません。

気持ちが重いというのは本来交際している者同士ならとても喜ばしい事のはずですが、重い女!というレッテルを張られてしまう方は元彼の限度を超えた気持ちの伝え方をしてしまう為、良い部分が悪く映ってしまい、取り返しのつかない事態を招いてしまいます。

弊社に復縁相談を頂く方の中にも気持ちの重さが原因で別れに到り、気持ちを伝えれば気持ちが重いと言われる不安からどう復縁に漕ぎ着ければ良いか分からない方がほとんどです。

重い女と思われている状態から重い女を脱却するにはどうすれば良いのか?

重い女を今のまま継続させても復縁は難しい事が分かりますから、重い女を脱却する為に元彼との考え方の違いについて理解しなければなりません。

重い女が発する言葉や行動は実は想い女本人は気付いていながら実行してしまう傾向があります。

『〇〇をしたら重いと思われるかな?』と、気持ちの重さに気付いていながら我慢が出来ずに実行してしまう為に重い女と元彼に思われます。

重い女になる事が分かっていながら、彼氏への想いの強さが我慢できず、彼氏への想いを遂げようとします。

別れた後も同様の事を繰り返すので元彼に更に重い女という印象を与えてしまうのですが、重い女が復縁したいなら重い女を脱却しなければなりません。

好きな人から【重い】と言われてしまう女性の特徴とは?

別れたくないなら復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

好きな人に『気持ちが重いよ…』と言われる事は、そもそも何故悪いのでしょうか?

好きという気持ちに純粋であり、純粋な気持ちを伝える事は非難されるものではありません。

気持ちの重さが出てしまう女性は何も悪い事をしている訳ではないのに距離を置かれてしまい、自分なりに頑張っているのにどうして?という状況になってしまいます。

恋愛を頑張り過ぎてしまう女性は、自分の頑張りを分かってもらいづらい事がほとんどであり、重い女と好きな男性から引かれてしまう女性は周囲の意見を聞かないという特徴があります。

自分が良いと思えば周囲が何を言っても聞く耳を持たず、決めた行動に沿って行動する特徴がある為、重い女にならない為に何をするべきか?をアドバイスしても『でも私は…』と自分の考えを曲げない特徴があります。

過度な束縛を【愛があるなら…】の一言で片付ける特徴もあります

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

重い女が別れを告げられる一番の理由とも言えるのが束縛になります。

『私の事を好きなら…』という一言で彼氏の意見よりも自分の気持ちを優先し、好きなら〇〇をするのが当たり前という認識を共有しようとします。

自分の常識を彼氏にも押し付けようとすれば考え方の違いから距離を置かれてしまう理由にもなります。

  • 好きだから…
  • 愛してるなら…

重い女は束縛すれば重い女になってしまうから…と考える方も多いのですが、束縛をしなくても上記二つの言葉で片付けるのが重い女の特徴でもあるので重い女は好き、愛してるの表現の出し方に気を付けなければなりません。

常に行動を知るのは不安だからですか?それとも信用してないからですか?

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

重い女は彼氏を自分の物だと認識しがちですが、彼氏はあなたの物ではありません。

恋人や夫婦という関係で交際、結婚の約束はしても、彼氏・夫は重い女の物になる約束をした訳ではないのです。

お互いに交際をしようという約束はお互いを縛り付ける為の約束ではなく、お互いを大切な人として位置付ける為の約束ですから常に彼氏の行動を把握して良いという約束をしていない事に気付かなければなりません。

彼氏の行動を把握して良い約束をしていないにも関わらず、常に彼氏の行動を知ろうとするのは不安だから知りたいのか、信用してないから知りたいのか?

重い女は好きだから、愛情があるから彼氏の行動を知りたい、知りたいと思うのは当然だと考えるのですが、重い女にご両親は大きな愛情を持って接してくれているのですから両親が幾つになっても常に行動を知ろうとする形をとればどんな想いをするのか?を考えれば彼氏に対して監視する行動を取っていたのは間違いであった事に気付けるかもしれません。

連絡頻度が多過ぎる重い女へのアドバイス

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

好き過ぎるからといってlineの既読が付かない、既読が付いてもs具に返信が来ない等、連絡頻度をとても重要視する重い女がいますが、気持ちの重さを連絡回数などで表す事は出来ない事に気付かなければなりません。

愛情の大きさを例える事が出来ないから分かり易い数字で表してもらおうとする傾向が重い女にはあり、愛情表現の受け取り方、愛情表現の表し方が上手ではないと言えるのが重い女の特徴でもあります。

連絡回数が多ければ多い程、愛されてると考える重い女は復縁方法等を探す前に愛情表現について調べてみては如何でしょうか。

連絡頻度が多過ぎるといっても数字で何回以上が多いと定める事は出来ません。

数字で表せないのは感覚は人それぞれに持ち合わせた感覚なので異なりますし、常識が人それぞれ異なる訳ですから常識を数値で表そうとすれば確実に上手くいく事はありません。

連絡頻度等の数字で愛情表現を理解しようとする考えは改めなければいつまで経っても重い女から脱出する事は出来ず、復縁を意識させる事にも繋がりません。

「好き・愛してる」を強要する重い女は気持ちを感じ取れない

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

好き・愛してるという言葉は、好き・愛してるという言葉を伝えたいから伝えるものであって、他人から強要されて好き・愛してるの言葉を発するものではありません。

誰かが言ったからイケメンや美女が表現されるのではなく、イケメン・美女と感じたからイケメン・美女と感じる様に好き・愛してるという言葉を強要しても、そこに気持ちは込められていないのです。

気持ちが込められていないにも関わらず気持ちを求める為、重い女は何度も好き・愛してるの言葉を何度も強要します。

好き・愛してるというのは言葉ではなく態度で感じるものであり、重い女は態度で好き・愛してるという気持ちを感じ取れないので言葉を強要するのです。

言葉を強要する重い女は自分が他人の気持ちを行動で感じ取れない事に気付かなければいつまで経っても彼氏の気持ちを感じ取れず彼氏の気持ちを感じ取れないので

遠まわしに自分の意思を伝える重い女

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

直接伝えれば重くなってしまうかも!?と考えて、遠回しに自分の考えを伝え、彼氏が理解してくれなければ方向性を変えて何度も伝える重い女は少なくありません。

遠回しに伝えるのは自分発信にしたくない為、彼氏に自分が思っている事を汲み取ってもらい、受け身の姿勢で自分の想いを遂げようと考えるから出て来る言葉になります。

男性の胃袋を掴む為にSNSで料理の写真をアップする等して、後々の結婚を匂わせながら、さも自分は結婚は興味がない様に振る舞う重い女がいますが、ほとんどの場合、男性に結婚願望はバレており、遠回しに伝える事で男性にプレッシャーを与えてしまいます。

男性も結婚したくない訳ではなく、将来を考えた際に歩み出せない何かがあり、プロポーズの言葉を口に出せないケースがあるのですが、重い女は他人の気持ちを感じ取れない為、男性が悩んでいる部分に気付かず自分の想いを遂げようと行動します。

遠回しに自分の意思を伝える重い女は男性からすれば面倒くさい女に映ってしまうので重い女から脱却できなければ復縁は難しいとお考え下さい。

重い女という問題が復縁できない理由なら考え方を変えなければなりません

よりを戻したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

重い女が理由で別れを告げられて復縁を望むなら、元彼に好かれる為に少なくとも気持ちの重さは直さなければなりません。

気持ちが重いと感じさせてるから交際していても疲れてしまう。

重い女と交際した男性は恋愛に疲れ、重い女との交際に疲れ果てています。

気持ちをあまり出さない様にして距離を少し離せば重い女にみられないかも…と重い女は単純に考えるのですが、重い女の考える交際と重い女が考えつく交際の仕方はあまりにもかけ離れ過ぎて上手くいきません。

元彼から以前よりも好きになってもらえば重い女は重い女ではなくなるのですが、重い女は重い気持ちを直そうとするばかりで元彼から以前よりも好きになってもらう努力に考えが及びません。

重い女にならない為には元彼から重い女と思わせない様にするのではなく、元彼から愛情を惜しみなく注いで頂ける存在になれば一番理想的なカップルになれるのです。

一番理想的なカップルになる為には、元彼から好かれる行動が求められ、今までに考えていた事は全て忘れる位の気持ちで復縁活動に挑まなければなりません。

元彼にもっと好きになってもらいたくて重い女になっていたかと思いますが、もっと好きになってもらう方法は今の考えでは辿り着きません。

もっと好きになってもらう為に何をすれば良いのか分からない方には有料サービスになりますが復縁工作という方法で元彼から好きになってもらう為に何が必要なのか?を調べる事が出来ますのでご相談頂ければと思います。