別れさせ屋にご相談頂く方々は皆自分が満足する為に別れさせ工作を検討する訳ではありません。

例えば依頼者が既婚者であり、パートナーの不倫を止めさせる為に相談する方は自己満足というよりも家族を守る為に別れさせ屋に相談するのです。

元彼(元彼女)を恋人と別れさせるご相談も恋人よりも元彼(元彼女)を幸せに出来る自信が有る方が別れさせたいとご相談頂きます。

誰かを幸せにする為に別れさせ屋に依頼する方がほとんどですが、中には自己満足を叶える為に別れさせ屋に相談する方もいます。

自己満足で誰も幸せにならない別れさせのご相談を頂きますが依頼者自身も復讐心を抱えているだけのご依頼の為、誰も喜ぶ事がありません。

復讐を叶えた後に残るのは満足ではなく虚しさだけになり、虚しさが残る別れさせ工作は別れさせ屋も望んでいる事ではありません。

復讐を叶えたい気持ちがあり、ご依頼を頂けば工作を承る事は出来ても、工作が成功した後に残るものがなくては別れさせ屋としても本望ではありません。

別れさせたいお気持ちは分かりますが、別れさせたところで誰も喜ばない自己満足の別れさせ相談は別れさせる事を業務とする別れさせ屋であっても何も出来ない事をご理解下さい。

別れさせたいっていうのは自己満足じゃないの?

別れさせたい。というのはそもそも自己満足じゃないの?という疑問を持つ方は多いのですが、別れさせた後に何を望むか?で自己満足と自己満足ではない状況が変わります。

別れさせた後にどんな目的があり、その目的を叶えた後に誰が幸せになるのか?

自己満足で別れさせを望む人は誰にもメリットのない別れさせを望みます。

誰にもメリットがない別れさせを望むので自己満足の別れさせたい気持ちを叶えるものになります。

しかし、別れさせたいご相談を頂くほとんどの方々は自己満足ではなく誰かを不幸にさせない為に悩みます。

誰も不幸にさせず自分も幸せになる為に別れさせたいと悩む方々を自己満足と言える事はありません。

復讐してやりたい!!は自己満足の別れさせ相談?

復讐してやりたい!!というのは自己満足の別れさせ相談になります。

復讐は誰も幸せになりません。

復讐を遂げた人であっても復讐を遂げた後に満足する方は少なく、復讐を遂げた後に残されるのは虚しさだけになります。

別れさせた後に虚しさが残る復讐の依頼を頂く際も別れさせた後に残るのは虚しさだけであり、、誰も得はしません。とお伝えさせて頂き、ご納得頂ければ別れさせ工作のご依頼を承る事はあります。

過去にも様々な依頼者を見て来たからこそ復讐してやりたい!という気持ちが籠った自己満足の別れさせ相談にはあまり賛同できません。

実際にあった自己満足が強い別れさせのご相談

自己満足が強い別れさせのご相談が続きましたが、実際にあった自己満足感の強い別れさせのご相談は以下の通りでした。

Aさん
元彼には現在付き合っている彼女の他に複数の彼女がいるから浮気の証拠を掴んで本命の彼女に電話で全て伝えて浮気の証拠写真を郵送で送ろうと思うんですけどどう思いますか?

Bさん
元彼が病院関係の仕事をしていて同じ病院に勤めている女性と恋仲になっているみたいなんですけど、付き合ってるかは分からないけど病院内に2人が付き合っている悪い噂を流しそうと思うんですけどどう思いますか?

Aさん、Bさんから頂いたご相談内容は誰も得をしないし目的が純粋な嫌がらせになります。

Aさん、Bさん共に郵送で写真を送ったり噂を自分で流せばどうなるか?についても想像出来るものですが、想像力が足りず、2人にその後どんな害が出るか?についても分からないんだろうな…とも見えます。

実際にあった別れさせのご相談でしたが実行に移したかどうかは定かではありません。

復讐を叶える為の別れさせ工作の成功事例

依頼者Aからご相談頂いた際に元彼に対する復讐を叶えたいとの事でしたが復讐を叶えるのは誰にもメリットがなく自己満足でしかない事をお伝えさせて頂きました。

自己満足で復讐を叶えても、その先にあるものは虚しさだけであり、別れさせたい。と考えるよりも前を向いて歩いた方が時間もお金も有効に使える事をお伝えさせて頂きました。

しかし、Aは復讐をしたい気持ちが収まらず自己満足でも構わないから別れさせたいとの事で別れ汗工作のご依頼を承る事となり、別れさせ工作の契約書を交わし、着手金のご入金後に自己満足の塊のような別れさせ工作を実行に移す事になりました。

対象者の調査を行い、調査結果を元にAとの打ち合わせを重ねて打ち合わせた内容に沿って別れさせ工作を進めていきました。

復讐を叶える為に行った別れさせ工作を行っていく間もAから様々な方法を提案されましたが、どれも犯罪になる事ばかりで提案された方法については全て却下する形となりました。

復讐心が強い依頼者はとかく犯罪に目が向きがちですが、犯罪に加担すれば弊社はもちろんですが依頼者も刑法で裁かれる事となりますし、犯罪への加担は勿論致しておりません。

別れさせ工作を進めていく途中過程でAから『別れさせるだけじゃ復讐は終わらないかな…』とボソッと呟かれましたが、呟かれた内容についてはAが依頼成功後に何をするのかについて伺う事無く進めていった為、Aの判断で行動して頂く事となりました。

自己満足や復讐心から頂いた依頼でしたが順調に別れさせ工作が進み、いざ別れるとなった頃にAが対象者に接触してしまい、工作が悪い方向に進んでしまいました。

Aから接触してしまった報告を受け、直ちに工作の流れを引き戻す形を取り、事なきを得ましたがAからの報告がもしも数日遅れていたら取り返しがつかない状況になりましたが無事に別れさせ工作が成功した事例になります。