自己改善を自分で出来る人と自己改善を自分では出来ない人がいますが復縁したいなら自己改善は不可欠になります。

自己改善が出来る人は自分で自己改善を行えば済む話ですが、自己改善が自分では出来ない方も多く、正確に言えば自分で自己改善が出来ていると思い込んでいるだけで何も自己改善が出来ていない方が多いのです。

自己改善のサポートが必要な人は自分で自己改善が出来ていると思い込んでいる人になり、自己改善サポートが必要ない人は自分で自己改善が出来ているとは思い込みません。

自己改善サポートが必要ない人が自己改善サポートを求め、自己改善サポートが必要な人が自己改善サポートを求めない為、自己改善サポートが必要な人と必要でない人は逆転しています。

自己改善サポートの必要性について復縁したいなら知らなければならない

復縁したいなら自己改善は必須であり、自己改善に取り組む相談者は少なくありません。

復縁したいから自己改善に取り組む相談者の方々は自己改善は自分でやらなければならないと考え、自分で出来る事を一生懸命にやらなければならない!とも考えます。

復縁活動の一環として自己改善を自分で行おうとする事自体は間違っていませんが、自己改善の方法を間違っているので復縁できません。

何故自己改善の方法を間違えてしまうのか?に行きつく事はなく、自己改善の方法を間違えてしまう相談者の多くは自分は間違った事をしている。という疑いを持てず、自分の行動を肯定するので別れ話をされた時と何も変わらず、自己満足な行動を取ります。

自己満足な行動を取ったところで復縁は叶いません。

別れた後も自己満足な行動を取るので復縁が叶わないのです。

そして自己満足を自己満足だと気付かない人ほど自己改善サポートは必要になりますが、必要な人ほど自己改善サポートを不要と感じ、いつまでも自己満足から抜け出せないので復縁できません。

自己改善が出来ない人ほど『頑張ってます!』と言います。

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

自己改善が出来ない人ほど『頑張ってます!』と口にし、客観的に見ると何も頑張ってません。

何も頑張ってないのですが本人は『頑張ってます!』と口にするのですが、復縁屋は『頑張ってます!』と口にする相談者の相談を聞いていると元彼(元彼女)から何を言われても改善しなかったであろう事も分かりますし、元彼(元彼女)は呆れて空いた口が塞がらない事も分かります。

元彼(元彼女)が呆れて空いた口が塞がらない事を容易に想像出来るのですが、『頑張ってます!』と口にする相談者には元彼(元彼女)の気持ちが理解出来ない様です。

理解出来ないので別れを告げられ自己改善が求められるのですが、自己改善の必要性を理解していないまま何を頑張っているんだろう?と首を傾げてしまう事もあります。

自己改善が出来ない人ほど『頑張ってます!』と口にしますが、『頑張ってます!!』と口にする人ほど自己改善サポートが必要である事は言うまでもありません。

自己改善サポートが必要ない人は自分を分かってます。

自己改善サポートが必要ない人はとても自分自身を理解し、問題点に向き合う事が出来ている人であり、放っておいても復縁できるのでは?とも見えます。

元彼(元彼女)に対して何をしたのかも理解しており、表面上で反省したのではなく中身からシッカリ変わろうとする意志が見えます。

中身から変わろうとしているので別れた後に自己改善をした効果が分かり易く出ています。

自己改善サポートが必要だと感じる人は『自分は変わりました!』と口にはしますが、何が変わったと言っているんだろう?と何をどう変えたのか?が見えません。

自己改善サポートが必要ないと思える人は自己改善サポートを望み、自己改善サポートが必要だと感じる人は自己改善サポートを必要としない。

自己改善が出来ている人と出来ない人の違いはとても分かり易く、自己改善サポートが必要ない人は客観的に見て必要ないであろう事が分かります。

『もう同じ事はしません』という言葉を出す人ほど自己改善サポートが必要

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

『もう同じ事は絶対にしません!!』という人ほど同じ事を繰り返します。

相談者本人が『自己改善して直りました!』と口にすればするほど同じ事を繰り返すだろうな…という事が分かります。

本当に直った人は自分の口で直ったとは言いません。

直ってないから自分だけは直ったと信じたい。という気持ちから出て来る言葉が『もう同じ事はしません。』といいう言葉になります。

同じ事はしません。と宣言すればするほど人は信じません。

詐欺師ほど『信じて下さい。騙しませんから。』と口にし、人を騙そうとするから『騙しません。』と伝える詐欺師と同じ事を『もう同じ事はしません。』と口にする相談者はしているのです。

『もう同じ事はしません。』と口にすればするほど誰も信じてくれない事が分かってないので元彼(元彼女)に好かれたいなら『もう同じ事をしません。』と口にするのではなく、同じ事をしないであろう態度で示さなければなりません。

それが分からないので自己改善サポートが必要になるのです。

一部だけしか意識しないから自己改善が本当の意味で出来ない

復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

自己改善サポートが必要な人は一部だけを意識して自己改善が出来ていると考えます。

例えばスグに怒る事が原因で別れに到った人は別れに到った相談者が『もう怒らない様になりました!』とよく口にするのですが、怒らない事が自己改善ではなく、スグに怒ってしまう考え方や性格に問題がある事に気付きません。

怒らなければ自己改善出来ている。と考えるので的外れになっているのですが的外れな事に気付かないので意識している部分が表面上の一部分でしかありません。

怒る、怒らないが問題ではなく、スグに怒る考え方がついていけない。

だから別れたい…と繋がる事に気付かなければいつまで経っても何かに気付く事等ありません。

一部分だけしか意識しないので本当の意味で自己改善される日が来るはずもなく、そういう方こそ自己改善サポートが必要なのは言うまでもありません。

自己改善サポートが必要な人に自己改善アドバイスをすると…?

自己改善サポートが必要な人について書かせて頂きましたが、自己改善サポートが必要な人に自己改善アドバイスをしていくと必ず『分かりました!ありがとうございます!!』と口にします。

本当に分かったのか?を確認してももちろん分かっていません。

嫌な事から目を背ける癖がついているので自己改善サポートを拒絶するのが自己改善サポートの必要な人になります。

復縁屋にしてみれば『本気で復縁したいなんて考えてないんですよね?』と見える自己改善サポートが必要な人は、『本気で復縁したいから復縁屋に相談したんです!!』と口にします。

復縁屋に相談したから本気!?

違いますよね?

本気でどうにかしたいなら自分が辛い事でも一生懸命頑張り、厳しい事から目を背けるのではなく厳しい事に立ち向かうから本気と看做されます。

『本気で復縁したいから復縁屋に相談しました!!』と元彼(元彼女)に言って本気で復縁したいんだね?と捉えてくれるはずがありません。

自己改善サポートが必要な人に自己改善サポートをすると嫌な事から目を背けて逃げ出そうとするのです。

自分で出来る自己改善はとても甘く、何の足しにもならない事がよく分かります。

自己改善サポートが必要な人が復縁した復縁工作の成功事例

自己改善サポートが必要な依頼者Aには何故自己改善サポートが必要なのかを説明させて頂きましたがなかなか最初は理解を示しませんでした。

『分かりました。』と相談員の説明に理解した言葉を出すモノの、話せば話すほど理解していない事に気付き、時間を掛けて自己改善サポートが必要な事を説明させて頂いたところ、A自身が『復縁工作も必要ですよね?』と復縁工作の依頼も合せて契約したいとの申し出を頂きました。

自己改善サポートと復縁工作のパックでの契約を交わす事となり、着手金の確認後に調査・工作、自己改善サポートの着手に到りました。

対象者を調査しながら頂いた情報をプロファイリングさせて頂き、調査段階から一般的な部分の自己改善を進めていきました。

対象者を調査して工作員が接触するポイントの判明も行い、工作員を無事に接触させる事に成功すると別れの本当の原因の聞きだしに入りました。

対象者がして来た部分の自己改善にも進み、Aと担当者が話した内容の社内報告書にはAの変化が見られる事が積み上げられ、Aの変化が見られる頃を見計らって対象者の心理誘導も進めていきました。

復縁に向けて心理誘導した事で対象者の意識を変える事にも成功し、復縁させる為にAと対象者を再会させる様に工作していきました。

Aと再会して会話を重ねていくと復縁への意識が加速していった様で再会した日に復縁した訳ではありませんが対象者からのアプローチが強く、逆にAが引いてしまう程でした。

担当者が『チャンスを活かさないんですか?復縁しないんですか?』という質問を投げかけ、Aが復縁に応じた復縁工作の成功事例になります。