復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋に相談頂く際に、復縁したい訳ではなく、ただ話しを聞いてもらいたくて相談している相談者様もおり、もちろん相談者様自身は『復縁したいから相談しました。』と仰るのですが、相談の仕方、相談の内容、話しを聞けば聞くほど相談ではなく構って欲しいだけの相談者様は分かります。

構って欲しいだけの相談者様は『彼氏(彼女)しか僕(私)にはいないんです!!』と仰るのですが、本当にそう思っているの?と思えるような言葉が相談者様の口から発せられます。

傍から見れば、『彼氏(彼女)しか僕(私)にはいないんです!!』と言ってる自分に酔ってるのでは?と思えるような言葉が多く、自分に酔っているだけで復縁に向き合おうとしない相談者様からお話しをお伺いしていると、その相談は友達にでもして下さい…と言いたくなるほど、相談ではなく、別れを告げられた事に対する愚痴をこぼしたい、という気持ちが透けて視えてしまい、この相談者様は愚痴を零せる友達や知人はいないんだろうか?と感じるのです。

特にクリスマス時期が近付いてくると、相談者様から『彼氏(彼女)は新しい恋人を作ると思いますか?』といった相談をされる事がありますが、その相談をされる復縁屋からすれば『相談者様と別れたのですから次の恋愛を探そうとするのはおかしい事ではないですし、むしろ恋人が出来る出来ないは別として、新しい恋人を作ろうとしない方が問題ではありませんか?』とお伝えする以外に言える事はありません。

相談者様の言い分は別として、自分は別れを告げられて苦しんでいる、こんなに想っているのに彼氏(彼女)は分かってくれない…という気持ちは伝わりますが、だからどうするか?を考えなければならないのに、全く赤の他人で顔も知らない復縁屋の電話相談の相談員に愚痴をこぼすだけの相談をする相談者様は辛い自分を分かって欲しい…という気持ちが伝わりますが、復縁屋は友達ではないので慰める理由がありません。

こういった相談者様からご相談頂いても、復縁屋は『復縁したい!!』という言葉を出すだけで、結局何も行動に移そうとしないんだ…と感じますし、愚痴を聞いてくれる友達や知人はいないんだろうか?と、相談者様の交友関係の無さを感じますし、苦しい時に頼れる友達がいないなんて、この相談者様の周りにはネットで繋がるだけの友人や職場の同僚のような知人がいるだけで、本当の友達もいないのでは?と感じるのです。

本当の友達もいないので、復縁屋のような話しを聞いてくれる所を探して無作為に電話してるのかな?と疑いを持ちますし、辛い時に助けてくれる友人が作れないコミュニケーション能力についても疑いを持ちますし、現に全く赤の他人の復縁屋に愚痴を吐いてスッキリしようとする相談者様なのですから、友人よりも近しい関係になる恋人との関係も上手くコミュニケーションが取れていたのか疑わしいと感じるのです。

復縁したいはずが、ただの愚痴をこぼしているだけになっており、愚痴をこぼしていたところで何かが生まれる訳もなく、何も生まれない状態にも拘らず、全く赤の他人に愚痴をこぼしているだけで復縁に向けて何かしらの行動を起こさないのですから、相談者様が求めているのは相談者様の復縁したい彼氏(彼女)との復縁ではなく、愚痴をこぼしてスッキリしたいだけ。という事が分かります。

愚痴をこぼしてスッキリしたいだけにしか聞こえない相談は復縁屋にするものではありませんし、友達にするものですし、辛い、苦しい、と言ってるだけで行動に移さない相談者様なので、別れを告げられた事にも気付くべきなのです。

交際時に何かしらの別れの原因を作ったので相談者様は彼氏(彼女)から別れを告げられた訳ですし、別れの原因の中には、彼氏(彼女)から直して欲しいと言われても理由を付けて直さなかった事や行動に移そうとしなかったので見切りを付けられた…という相談者様も少なくありません。

別れ話の時になって切羽詰まって『嫌なところがあるなら絶対に直すから別れないで欲しい!!』と懇願したはずが、別れた後も直そうともせず、全く赤の他人の復縁屋に愚痴を吐くだけで行動に移さないのですから、直る訳がない!!と見切りを付けた彼氏(彼女)の判断は正しかった。になるのです。

復縁屋は復縁相談を頂く際に、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の立場に立って物事を考え、別れの本当の原因を解明させる為の相談を受けるのですから、見切りを付けた彼氏(彼女)の判断は正しかった。と相談を頂いて気付く訳ですから、『相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の判断は正しいと思いますし、復縁出来ないと思いますよ。』と愚痴を吐くだけで努力をしない相談者様には復縁出来ない理由を伝えますが『そうですね。考えます。』と、愚痴を吐いた後にお説教されていると捉える相談者様は何も考えない事が分かるのに、『考えます。』という言葉を使うので、別れ話の時も何も考えずに『嫌なところがあるなら絶対に直すから別れないで欲しい!!』と伝えたんだな…と分かるのです。

結局のところ、そういったところも踏まえて相談者様の復縁したい彼氏(彼女)は相談者様との別れを更に確固たるものとし、復縁の可能性を相談者様が自ら下げたであろう事が分かります。

本当に復縁したいなら、復縁屋に愚痴を吐いてスッキリするのではなく、復縁する為に何をすべきか?という復縁方法について相談しなければ復縁の為に行動しているとは言えない事を忘れてはいけません。