復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

本気で好きなら年齢が大きく離れているから…住んでいる場所が離れているから…社会的地位や立場が違うから…といった好きな気持ちを忘れようとする発言をするものではありません。

本気で好きな相手がいる人は嫌いになる言い訳や諦める為の言い訳の言葉を並べるのではなく、本気で好きな人と結ばれる為の言葉が出て来なければおかしいのです。

年齢や立場、住んでいる場所が違うから…といった状態でも付き合う事や復縁は出来るんですか?というご相談を頂くのですが、まず年齢に関して言えば、俳優のヒュー・ジャックマン(49)とその妻デボラ=リー・ファーネス(61)は12歳差ですし、ドナルド・トランプ大統領(71)とメラニア・トランプ夫人(47)は24歳差です。

年齢だけで言えば年上だろうと年下だろうと交際や復縁に至るだけの圧倒的な人間的魅力があれば年齢差があろうと人生を添い遂げたいと思われますし、自分で人間的魅力がないと自覚している人は相手を魅了する事が出来ないので年齢差を言い訳にして行動に移せないのです。

距離を言い訳にする方々は遠距離恋愛でも結婚した人達は多い事を知っていながら距離を言い訳にして交際や復縁を諦めるように考え、社会的地位や立場の違いに関して言えば直近では秋篠宮家の眞子様と婚約者の小室圭さんの結婚があるように周囲からどれだけ叩かれようと立場の違いを指摘されようと当人同士が惹かれ合っていれば結婚にまで発展する形が取れるのです。

イギリス王室のウイリアム王子とケイト妃のケースでも、元々ケイト妃はイギリスの一般的な中流家庭に育った普通の女性でありふたりの地位は大きく離れていましたが、今は結婚して3人の子供も生まれていますし、ウイリアム王子とケイト妃は大学時代に別れていた時期もあり、立場の違いはあるけれど復縁して結婚したカップルでもあるのです。

年齢や住んでいる場所、社会的地位や立場の違いがあれば交際や復縁は難しい…と感じる気持ちは分かりますが、それがあるから交際は難しい、復縁は難しいとはならず、障害があってもお互いに惹かれ合う2人なら障害を乗り越える事も出来るのです。

復縁出来ない理由は距離でも年齢でも立場や地位の違いではなく、彼氏(彼女)からあなたが人間的な魅力を感じない…という事が問題であり、本気で好きなのであればこそ言い訳を先行して彼氏(彼女)から好かれる努力ではなく諦めるような考え方を持つのは間違っており、諦める様な考え方ではなく好かれるような考え方を持ち、行動に移さなければならないのです。

年齢や距離、立場や地位の違いを変えるのはとても難しい事であり、距離に関して言えば引っ越せば変える事は出来ますが引っ越せば今までの生活を全部捨てなければならずなかなか変える事が出来ないものでもあります。

出来ない理由を見つけるのは簡単であり、〇〇だから仕方がない…と諦める為の言い訳を探してしまうのですが、本気で好きなのであればこそ諦める言い訳探しをするのではなく上手くいく為の方法を探すのです。

出来ない理由を見つけて仕方ないと諦める言い訳を浮かべて交際や復縁が出来ない運命なんだ…と現実から目を逸らして考えるのは簡単であり、傷付かない為に言い訳を探してしまうのです。

しかし、本気で好きなのであれば言い訳をして自分を守る事よりも、本気で好きな相手を逃してしまえば後悔する事は明らかですし、自分を守る事だけに一生懸命になっても本当に手に入れたいものが手に入る事はないのです。

言い訳ばかりをしている人が何かを手にする事は出来ませんし、諦められる程度の気持ちしかないのなら諦める為に言い訳を並べて復縁など考えないのが正解でもあります。

自分を守る事と大切な人をあなたが守る事のどちらを望むか?という事でもあり、状況が困難であればあるほどハイリスクハイリターンで手に入れた時の喜びはひとしおになるのですが、一歩踏み出して頑張るのではなく、自分で自分の限界を決めて諦めてしまう事、どちらを望むかはあなた次第なのです。

一生懸命努力しても報われないかもしれない…というリスクを取るだけの覚悟があなたにありますか?

本気で好きな相手を取り戻すには一生懸命努力しても報われないリスクがあり、そのリスクを選ぶからこそ手にした時の喜びはひとしおになり、彼氏(彼女)を幸せにする事にも繋がるのですから本気で好きであればこそ言い訳を並べて努力しないように考えるのではなく、口先だけで『本気で好きなんです。』と言うだけではなく『本気で好きなんです。』という言葉に見合った行動をしなければなりません。

本当に復縁したいなら言い訳を並べて何もしない方向で考えるのではなく、彼氏(彼女)を幸せにする為に出来る事を探さなければならず、彼氏(彼女)を幸せにする為にはあなたが言い訳を並べて何もしないではなく世界中の誰よりもあなたが彼氏(彼女)を幸せにする為に出来る事をしなければならないのです。