復縁相談を頂いていると様々なご相談を頂きますが、日々復縁相談を頂いている復縁屋であっても想像を絶する様な勘違いをする相談者にはビックリする事もあります。

元彼(元彼女)からのストーカー的な事に悩んでいる方は多くいます。

好き同士で付き合っていた時は耐えられた事も心が離れて別れた後は苦痛しか感じません。

付き合う前にストーカー気質に気付いていれば付き合わなかった…と後で後悔するケースもあり、恋に落ちれば冷静さを失う事も少なくありません。

想像を絶する様な復縁相談を頂いた方は元彼女から、別れを告げられてしまい『もう連絡しないで欲しい。別の人を探して欲しい』と伝えられたとの事でしたが、元カノの本心ではなく「自分の為を想って言ってくれている」と認識していました。

ご相談時に『元カノは仕事が多忙で連絡も返す余裕がない』と相談者は仰います。

しかし、「他の人と付き合ってもらいたい。連絡は取りたくない」と元カノから伝えられて自分の為を思って言ってくれていると認識するのは驚きです。

付き合っている間は忙しくとも連絡を取り、好きだからこそ時間を作って会いたいに繋がります。

会えない時間のもどかしさが恋愛を盛り上がらせる事も分かりますが、想像を絶する相談者から出て来る言葉を聞いていると好きという気持ちは相談者にはあるものの、元カノからは好きという気持ちが感じられない行動や言動が繰り返されます。

復縁屋として見解を述べるなら、元カノの気持ちは相談者が考えている者ではありません。

  • あなたの事はもう嫌いで二度と付き合うつもりはないので他の人を探して!
  • あなたと話もしたくないので電話やlineはしないで!

元カノから言われている言葉は明らかに嫌われている言動であり、二度と関係を持ちたくないと考えている事が伺えます。

しかし、相談者は『自分の事を考えて心を鬼にしていっているはずだ…』と、とても理解に苦しむ解釈をします。

客観的に見ればストーカー思考になり、復縁したいというよりも付き纏いたいという気持ちが見え隠れします。

相談者の好きな気持ちが強いから、元カノも相談者を好きな気持ちが強いと思い込み、お互いに愛し合っている相思相愛が故に何かの要因があり2人の関係が引き離されたと感じています。

ロミオとジュリエットの様に引き裂かれた2人の関係が燃え上がらせていると考えている様でしたが、燃え上がっているのは相談者だけという印象を強く受けます。

彼女を好きになった時、彼女からの好意を想像するのは正常です。

普通は自分に都合の良い考え方に疑問も持つはずですが、想像を絶する相談者の様に妄想的になってしまえば元カノも相談者が好きという妄想が相談者の中の真実になってしまいます。

元カノの断りの言葉を受け入れられない相談者を元カノは受け入れる気持ちが全くない。

元カノが幾ら伝えても現実を見ずに自身の妄想の中で生きる為、元カノは相談者が怖くて仕方ないと感じても不思議ではありません。

会話が成立しなければ遠回しで丁寧な言葉で断りの気持ちを伝えなければ何をされるか分からないと感じさせます。

想像を絶する相談者の中では元カノが恥ずかしがっている、嘘を吐かなければならないので嘘を吐いていると感じている様でした。

現実と相談者の頭の中にある妄想との乖離は復縁屋として様々な復縁相談を頂いていますが想像を絶します。

弊社では復縁をサポートさせて頂いてますが、相手を恐怖に貶めてる方や正常な会話が成立しない方からのご相談やご依頼を承る事は出来ません。

元彼(元彼女)の気持ちを理解出来ない方に復縁は出来ません。

想像を絶する相談者までとはいきませんが、自分の中で良い風に変換して都合良く考える相談者は少なくありません。

別れを告げられた理由は、あなたが頭の中で変換した妄想が原因かもしれない事を頭の片隅に入れて下さい。

想像を絶する相談者と話せばストーカー思考である事も分かります。

少なくともストーカー思考で復縁が叶う事はないので自分では気付かぬ内にストーカー思考になっているかもしれない!と自分に言い聞かせる事にもお役立て下さい。