思い遣りのある会話が出来る人は相手の話しに耳を傾け、相手の意見を尊重した上で会話を進めていく事が出来ます。

会話をしてコミュニケーションを取る上で相手の話しを聞かなければ会話が出来ないのは分かると思いますし、自分が相手の話しを聞いてないと考える人はまずいません。

しかし、復縁相談者の中には相手の話しに真摯に耳を傾けておらず、相手が話している最中に相手の話しを聞くのではなく頭の中でどうやって相手を説得しよう?という考えてはかりで思い遣るのある言葉や思い遣りのある会話が出来てない人はとても多くいます。

日常的に相手を言い負かす事や自分の我を通そうとする事に慣れていると感じる人は少なく、自分では話しを聞いている、コミュニケーションは取れていた…と思い遣りのある会話が出来てない事に気付きません。

ご相談を頂いていると特に感じる事が、相手の都合等お構いなしに自分の都合を押し付けて、自分の都合を押し付けられないと判断すると怒りを露わにしたり、相手の都合にする人が多いのです。

例えば、復縁したいというご相談を頂く際に、どんな別れ方をしたり、別れてからどんな関係性なのか?について等の状況を確認させていただこうとすると『そんな事も言わなきゃいけないんですか?』という相談者までいらっしゃいます。

自分の相談を聞いて欲しい…という方が、『そんな事も言わなきゃいけないんですか?』という時点でおかしな事を言ってると思いませんか?

更に質問を重ねていくと『めんどくさいんですけど…』という方もいらっしゃいますし相談を頂いてる時点で思い遣りのある会話が出来ない人である事が分かりますし、実際に元恋人との別れの直接の原因が思い遣りのある会話が出来てない事とは限りませんが、思い遣りのある会話が出来てない時点で元恋人との関係が上手くいくはずがない人である事は容易に分かります。

元恋人を思い遣る会話が出来てないのですから、一緒にいても二人で何かを決めるのではなく一人で物事を決めていく様に感じさせてしまい、恋人の必要性を感じさせなくなってしまいます。

恋人の必要性を感じさせないので一緒にいる意味を見出せず、一緒にいる意味を見出せないので交際を継続させても時間を無駄だと感じさせてしまいます。

思い遣りのある会話が出来ているかどうかで元交際相手がどう思うか?も容易に想像でき、別れを切り出されるのは当然だと分かるのですが思い遣りのある会話が出来ない人には分かりません。

あなたが本当に思い遣りのある会話が出来ている人なのか?

もしもあなたが自分では気付かないだけで思い遣りのある会話が出来ない人だったなら今のままでは復縁できないと思いませんか?

復縁できる人になりたいなら自分を見つめ直してみるのは大切な事になります。