復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁したいけど誰にも頼れず悩みを抱えたまま日常生活を送っていると、日常生活に支障をきたし、寝る前に涙が勝手にこぼれてくる事や睡眠不足、過食症、拒食症などの弊害が生じるケースがあります。

誰にも頼れないから、誰かに頼る術を持たなければならないのですが、復縁相談を友人・知人にしても『復縁なんてやめた方がいいよ。』と復縁の悩みを抱えているのに復縁の相談ではなく、復縁を諦めるように説得されてしまいます。

誰かに相談しても説得されてしまうのですから誰にも復縁相談を出来なくなる方が復縁相談者様たちでもあります。

では、復縁相談する人の気持ちはどんな気持ちなのでしょうか?

もちろん復縁相談する人の気持ちの一番は復縁したい!!!という気持ちになります。

復縁したい気持ちがなければ復縁相談する事はありませんし、復縁相談する人達の一番は復縁したい気持ちになるのは当然です。

しかし、復縁相談する人の気持ちの中には復縁したい気持ち以外にも誰かに話しを聞いてもらいたい!!という気持ちが含まれており、誰かに相談したい気持ちがあるので復縁相談を活用する方もいらっしゃいます。

話しを聞いてもらいたい相談者様の中には、パートナーへの愚痴やパートナーへの愛情、パートナーと復縁出来ない苦しみ等、様々な気持ちを伝えて頂く事があり、話しを聞いていると復縁したい気持ちはあるけれど…と気持ちがブレてしまう相談者様も中にはおり、愚痴を聞く事で悩みを解消させる相談者様も少なくないのです。

復縁相談を頂いている復縁屋はターゲットと接触してターゲットから本当の別れの原因を聞き出す事等、ターゲットの気持ちについても聞き出す業務を行っている為、人と接して話す事で相手が何を思っているのか?相手が何を考えているのか?を聞き出す事や気付く事を仕事として行っています。

相談者様が何を想い、どう考えているのか?についても相談員は数多くの復縁相談を承っているので、様々なケースや様々な相談内容から復縁したい気持ちがあるか?ないか?の判断をする事も出来ます。

復縁したい気持ちが伝わる相談者様なら相談を承っている時にもちろん復縁したい気持ちは伝わりますが、復縁したい気持ちが伝わらない方は復縁相談を承っていてももちろん伝わります。

復縁相談する方々は復縁したい気持ちを持っているのが当然と思いきや、『復縁したい!!』と言いながらも復縁したい気持ちが伝わらない方もおり、復縁したい気持ちが伝わらない方からのご相談は愚痴を吐きたい、自分を肯定して欲しい、慰めて欲しいという気持ちが透けて視えてしまうのです。

復縁相談を承る相談員が相談者様の『復縁したい!!』と言いながらも復縁したい気持ちを汲み取れない時に相談者様は『復縁したい!!!』という言葉をパートナーに掛けても復縁したい気持ちが伝わる事もないでしょうし、気持ちの入ってない言葉をパートナーに投げかけている事に気付きません。

本当に復縁したいなら復縁したい気持ちは伝わりますし、復縁相談する人の気持ちが相談員に伝わる、伝わらないでも復縁できる確率は大きく変わっていくのです。

全くの赤の他人にすら復縁したい気持ちが伝わらなければパートナーに復縁したい気持ちが伝わることはありませんし、パートナーに復縁したい気持ちが伝わらなければ当然復縁したい気持ちが伝わることはありません。

本当に復縁したい気持ちを持っている相談者様からご相談を承っている時と復縁したい気持ちが曖昧な相談者様からのご相談は必死さも違いますし、復縁への想いも違いますし、気持ちの伝わり方は全く異なるのです。