「復縁工作を依頼をすれば確実に復縁ができますか?」というお問合せを多々頂きますが『そもそもご相談者様自身が確実に元恋人に復縁したい!と思ってもらえる人ですか?』と逆に質問をさせて頂く事があります。

復縁工作は超能力の類ではないので、例えばの話しですが家もなく浮浪者の様な生活をしている不衛生な方から復縁工作の依頼を頂いても『絶対に復縁させる事は出来ません。』とお伝えしなければなりません。

ご相談頂く方はまず相手に好かれる様な人なのか?という自分自身の問題を置いておいて復縁工作の依頼をすれば復縁させてもらえると考えがちですが依頼者様に問題があれば復縁できない事をご理解の上で復縁工作のご依頼を検討して頂いています。

復縁工作のご依頼を検討する方々はお金を払えば依頼を請けてもらえるものとして考える方が多いのですが、復縁工作のご依頼を承るには幾つかの審査がある事をご存知でしょうか?

  • 犯罪行為が目的ではない事
  • 依頼を請けて成功する可能性がある事
  • 依頼を請けて良い人物なのか?
  • 復縁して対象者を不幸にさせないか?

審査基準は復縁屋によってまちまちですが、審査基準に満たない依頼を請けても復縁工作は成功しません。

誰でも依頼できる訳ではなく依頼者を選ばなければ復縁屋は運営出来ません。

『復縁工作を依頼すれば確実に復縁できますか?』という質問をする方の多くは、自分が審査に受かる前提の話しをされるのですが、審査基準に満たないので工作員を超能力者の様に捉えて復縁させてくれると考えがちです。

復縁は相手ありきの事ですし、相手が最終的に認めてくれるかがポイントになります。

別れを告げられている状態で元恋人の審査には落ちている訳ですし、審査に通らなかった人が裏技の様なもので審査に受かろうとしても元恋人の審査に受かる訳がありません。

元恋人の審査に受からないという事は復縁出来ないという事でもあり、復縁屋は元恋人の審査に受かり易くすることは出来ますが最終的に受かるかどうかの判断はご自身がされる事を忘れない様にして下さい。

復縁工作をしたところでどうにもならない依頼者様も存在します。

依頼者様が抱えている問題を解決するから復縁工作は意味を持ちます。

依頼者様が抱えている問題自体を放置すれば、どんな優秀な工作員も、復縁成功の目途は立ちません。

例えば復縁工作の依頼者様が冒頭で書いた様な浮浪者であり、復縁工作を行った時に対象者と工作員が親しくなる事は出来ても依頼者と対象者が仲良くなる事はありません。

依頼者様の事を工作員は対象者に勧めなければなりませんし、浮浪者を勧める工作員もおかしい人だと思われます。

少なくとも依頼者様の事を勧められる人物になって頂いてなければ工作員が『凄くスマートで良い人だよね!』と嘘を吐くだけで実際の依頼者様の姿を対象者に見せたところで復縁の可能性を上げる事等出来ないのです。

勧められない依頼者様をどうやって対象者と復縁させる様に持って行けますか?

プロだから何とか出来るだろ!と思いますか?

プロでも出来る事と出来ない事があるのです。

浮浪者が改善されていたらどうなる?

  • 人並みに衛生的な外見になり身奇麗にする
  • 仕事をする
  • だらしなさをイメージさせるような言動・行動をしない

浮浪者が改善されていれば対象者の印象も変わりますよね?

そして工作員も嘘を吐いて対象者を騙す様な事をしなくて済むので本当に良いと思って復縁を勧める事が出来ます。

分かり易く外見の例えを出しましたが復縁工作の仕組みを知っていたら元恋人の審査に落ちた依頼者様は『復縁工作を依頼すれば確実に復縁できますか?』とは言いません。

復縁工作の方法について依頼者様からご提案頂く事もあります。

復縁工作の方法について依頼者様からご提案頂く事もあり、「このような方法はどうなんでしょうか?」とご提案頂く方法の9割以上が採用出来ない方法ばかりになります。

ご提案頂くのは大変ありがたいですし、極力依頼者様の要望は取り上げてあげたいと思うのですが、とても不自然になる事が予測出来たり常識では考えられない方法をご提案されるケースがほとんどです。

例えば『〇〇の場所で接触して欲しいです!!』と提案されて、月に一回しか〇〇という場所に行かず、〇〇という場所が対象者の住所から離れている時、工作員を〇〇で接触させる事は出来ますが、その後どうやって対象者と工作員は再接触するのか?までをお伺いすると『〇〇の場所で接触して連絡先を交換するから他の場所で会う約束をすれば良いじゃないですか。』と仰います。

まず、連絡先を交換出来るかどうかはやってみなければ分からない事ですし、連絡先を交換したらやり取りが絶対に出来る前提の話しですが場面で連絡先を交換しただけの関係ではやり取りを開始しようとしても一度も返信なく終わるケースもあります。

不自然にならず、且つ後々に活かせる形の連絡先交換をするからやり取りは出来るのですが〇〇という場所で自然に連絡先を交換する流れになると決め打ちをすれば確実に失敗します。

方法をご提案頂くのは協力して頂いて助かるのですが、必ず出来るモノという断定で提案された方法はほとんど使えません。

積極的に考えて頂く事は助かります。

積極的に考えて頂けるのは助かりますが、実際に考えて頂いた方法を実行に移すかどうかは別の問題になるのです。

例えば対象者の家が分からない時に、「尾行して一緒にマンションの中に入って行って入室確認をすれば良くないですか?」と仰られても、居住者の同意がない状態で敷地に入ることは住居侵入(建造物侵入)に該当するので出来ません。

「ポストとかで葉書や手紙を確認してもらえませんか?」とご希望頂く事もありますが、ポストの中を漁れば窃盗罪になりますし、郵送物の中身を確認する事はプライバシーの侵害という不法行為です。

対象者が赤信号を無視したからと弊社スタッフが赤信号を無視する事も出来ませんし、法律を無視した方法を提案をされても積極的に考えて頂くのは助かりますが出来ません。

例えば「ナンパをして電話番号の交換をすれば良くないですか?」とご提案頂いても、ナンパ成功率100%という人物は芸能人でもありません。

積極的に協力して頂けるのは助かりますが提案される方法は必ずしも採用するとは限りません。

復縁工作をして真実を知った時にショックを受ける依頼者様も多いのです。

復縁工作のご依頼を請ける事が出来、依頼者様と様々な打ち合わせを行い、対象者から話を聞き出す事に成功すると、真実を知った依頼者様の中にはショックを受ける依頼者様も多く、冒頭で書いた様に「復縁工作を依頼をすれば確実に復縁ができますか?」という方の多くは自分の至らなさを知る事になるのです。

真実を知った際に情報としてはプラスになる事も依頼者にとっては聞きたくなかったという情報もあります。

工作員が聞き出した情報が依頼者様が思っていたものと全く異なり、真実を知った依頼者様は相当なショックを受ける事があります。

例えば、女性依頼者様から『彼は私の見た目と体の相性が良いって良く褒めてくれてました。』とご依頼前に伺っていたけれど、いざ工作員が対象者に接触して話しを聞き出すと『本当にあの女とのセックスはつまらなかったし、マジで結婚とかないわ。』と、とても依頼者様に伝えづらい事を口にする男性対象者もいます。

男性工作員が接触して聞き出した情報の為、見栄を張って男性対象者が口に出していたとして話半分で聞いたとしても依頼者様に伝えればショックである事は分かります。

知らなければ綺麗な思い出だったものが真実を知ったが為にショックで復縁を諦めた方も少なくありません。

復縁工作の依頼をするという事は復縁できる可能性を上げる事にはなりますが、知らなくても良い真実を知って綺麗な思い出を汚す事もあるのです。