復縁したいけど自分の力ではどうにもならない時に誰かの力を借りるという決断をします。

誰かの力を借りる時に真っ先に目に付くのがネットに多数出てくる復縁占いです。

無料のものから有料のものまで占う事で元恋人との相性などを知り、元恋人との相性が良いという結果を見ると信じたくなるのが人の常です。

復縁占いをすると望む結果に近い答えをもらえ、復縁成功という結果を得る為に占い師の話に耳を傾けます。

『あなた達は運命の糸で繋がっているので復縁できますよ。別れたのはちょっとしたすれ違いなので安心して下さい。』という言葉を占い師から聞いて占いを信じます。

運命の赤い糸が繋がっていて、その糸を手繰り寄せれば復縁できるかもしれない…と言われれば何も努力しないで復縁できると言われているのと変わりません。

そして、復縁したい人にしてみれば何も努力しないで復縁できるかの様に話をされるので復縁占いを全面的に信用したくなります。

しかし、復縁占いを信じて復縁活動をする方々は復縁できず、復縁できない状態に気付いて復縁屋に相談します。

復縁占いを復縁屋は全否定しますし、復縁占いを信じて復縁できた人も中にはいるかもしれませんが、ほとんど復縁できないと信じて疑いません。

何故なら、復縁は運命の赤い糸を手繰り寄せるから出来るモノではなく、どれだけ正しく復縁活動が出来たかどうかが重要である事を知っているからです。

正しい復縁活動とは運命の赤い糸を手繰り寄せる事ではないと説明してくれるのが復縁屋になり、運任せ、天任せの復縁活動では復縁できない事を知っているのです。

経験上、復縁占いで復縁できない事を復縁屋は分かっていても復縁したいと願う方々は復縁占いで復縁できない事を知りません。

復縁占いで復縁できない事を知らないので復縁活動をする初期の方々は復縁占いに頼ります。

運命に任せて復縁活動をする復縁占いと正しい復縁活動の仕方を示唆してくれる復縁屋とどちらが復縁成功率が高いかは言わずもがなですが、人間の弱いところで楽して復縁できるかもしれない…という方向に流れて復縁占いに頼ってしまいます。

そして人間の特徴として失敗してから気付く事がある。という傾向通り、復縁占いに頼って失敗してから復縁できない事に気付きます。

別れ話をされて、失敗したから何がいけなかったのかに気付くかの様に復縁占いに頼って何も結果が出ない事に気付いて初めて復縁屋の考え方の方が復縁できる事に気付くのです。

結局のところ占いと復縁屋の成功率はどちらが高いのか?という話しになりますが、占いと復縁屋の成功率は確実に復縁屋の方が復縁成功率が高く、現実に基いた復縁活動を提案する復縁屋と復縁活動に直接携わった経験がある訳ではない復縁占いではどちらが復縁成功率が高いのか?という疑問が出てくる事すら復縁屋の立場では疑問に思える事です。