復縁できる人と復縁できない人の違いは相談を承っているとすぐに気付きますが、復縁相談をする本人には復縁できる人と復縁できない人の違いに気付きません。

ご相談を頂いている最中に気付く事は多々あり、相談者本人は無意識の内に復縁できない人がする発言を繰り返す為、相談を承っている側はすぐに復縁できない人に気付いてしまうのです。

復縁したい気持ちの差は相談者様は皆同じであり、復縁したい気持ちがあるからこそ相談していますが同じ気持ちを持っている方々の考え方が全く異なる為、復縁できる人と復縁できない人の区別が容易に出来てしまいます。

仕事、勉強、スポーツと分野は違えど上手に出来る人と上手に出来ない人には差が出てきます。

上手に出来る人は上手に出来る理由があり、上手に出来る人が取る行動、言動は上手に出来ない人とは全く異なります。

お金儲けを上手に出来るホリエモンはお金儲けを上手に出来ない人と発言が異なりますし行動も異なる為、注目を浴びる事が多い事も納得頂けるのではないでしょうか?

お金儲けを上手に出来るホリエモンの様に復縁できる人の発言や行動は復縁できない人とは全く異なります。

復縁できる人は何が違うのか?

復縁できない人は何がいけないのか?

復縁できる人が発する言葉や行動の違いを相談を承る側は敏感に察知し、復縁できる人と出来ない人の違いに気付くのです。

復縁できる人だと判断出来る理由について参考にして復縁活動にお役立て下さい。

自分の置かれている状況を理解しているのが復縁できる人

復縁できる人は自分の置かれている状況を理解し、自分の置かれている状況を理解した上での発言や行動が出来る人になります。

別れを告げられて復縁したいと思っているなら少なくとも元恋人からとても大切な存在だと認識をされていない…という現状を理解しているのが復縁できる人になります。

大切な存在だと認識されておらず、大切な存在に昇格する為に努力を続ける人から出てくる言葉が復縁できる人にはあります。

言葉遣い一つとっても復縁できる人から出てくる言葉は異なり、復縁できる人が発する言葉を受けると何故この人が別れを告げられたんだろう?という疑問しかありません。

少なくとも相談を承っていて、この人は恋人から別れを告げられるのは当たり前だな…と思う事はなく、何故?何故?何故?という疑問が沢山出てくるほど復縁できない人とは異なります。

置かれている状況を理解しているから言葉を選んで相談し、相談を承る側も『頑張って下さい!!』と素直に応援したくなる人が復縁できる人でもあります。

自身の事を本当に分かっているから発言も異なります。

復縁できる人は自身の事を理解し、自身がした事についても本当の意味で理解を示します。

自分がした事で別れた事を理解している為、自身に問題がある事も理解し、問題を解消させるには自身では気付かなかった事を改善させるのですから自分でどうにかしようとしても本当の意味で改善されない事をご理解されています。

本当の意味で理解されているので復縁できる人は協力者の存在がなくても改善されるのですが、復縁できない人は理解されていないので自分でどうにかしようとしてもどうにもなりません。

自分の力を過信するのが復縁できない人であり、自分の力を過信せず自分が犯した事について真摯に考える人が復縁できる人になり、自分の力を過信せずに自分が犯した事に真摯に向き合って考える人の言葉はとても重く、『本当に復縁したいです!!』という言葉一つとっても復縁できる人と復縁できない人では大きく異なります。

自分に問題があるのが分かっているので努力を継続出来るのが復縁できる人

復縁できる人は自分に問題があるのが分かっており、問題の解決に終わりがない事を知っている為、努力を継続させる事が出来る人になります。

正直に申し上げまして復縁できる人が一番違うな…と思う点は努力を継続できる人かどうかの判断が出来る人であり、復縁できない人と復縁できる人では大きく異なる点でもあります。

復縁できない人は努力を継続させる事が出来ません。

そして復縁できない人は復縁したい気持ちがあっても辛い事があればすぐに投げ出します。

ご相談を承り、『復縁したいです!』という言葉を頂きますが復縁できない人は復縁を諦めるだろうな…と予測出来る言葉を頻繁に出されます。

考え方が甘く、自分が辛くなればすぐに投げ出すのが見えてしまうのが復縁できない人であり、復縁できない人は『復縁できるなら死ぬ気で頑張ります!!』といった軽々しい言葉を口にします。

対して復縁できる人は復縁を本当に叶えたい気持ちが伝わり、復縁を諦めないだろう事も分かります。

復縁を諦めないであろう気持ちが伝わるのが復縁できる人になりますが、ほとんどの相談者は『絶対に復縁を諦めたくないです!!』と仰います。

言葉だけで行動が伴わない方が復縁できない人であり、言葉と行動が伴い、努力を継続させる事が出来る人が復縁できる人でもあります。

復縁できる人は10分話せばすぐに分かります。

弊社に初めて復縁相談を頂くと1時間程度のお時間を頂戴しています。

1時間程度のお時間を頂く理由は状況把握をさせて頂く為に必要になり、初めてご相談頂く方の中には『こんなに細かく状況を伝えないといけないんですね。』と仰る方も少なくありません。

何も状況を存じていなければ、どんな形で別れたのか?どんな出会いがあって交際に至ったのか?交際時の関係性について状況把握は出来ません。

出来るだけ細かくお話をお伺いさせて頂かなければ復縁する方法についてアドバイス出来ないのですから1時間のヒアリング時間であっても決して長い事はありません。

そして、電話で1時間程度お話をお伺いしていると相談者様の考え方や気持ち、人間性についても分かる事があります。

相談者様がどんな人であり、元恋人との状況をお伺いさせて頂くので別れた原因について気付く事があるのです。

相談者様は初めて相談するとしても無意識の内に別れの原因となった点を出してしまう方が多く、別れた原因についてご説明頂いている最中に別れた原因と同じ事を繰り返しながら『別れの原因については改善しました!!』と口にします。

別れの原因となった事を相談員にしているにも係わらず『別れの原因については改善しました!!』と口にするのですから到底復縁できる人とは言えません。

10分程度相談者様と話していると別れの原因についてお伺いさせて頂きながらも別れの原因となった具体的な個所ではなく根本的な部分を意識した発言が出来ている方はシッカリと別れ話で伝えられた事に対して向き合っている事が分かりますし10分程度お話をお伺いさせて頂けば復縁できる人である事に気付きます。

逆に復縁できない人だと気付くのには5分も掛からず分かります。