復縁を望む人が復縁を迫る当たり前の行動には何があるか分かりますか?

大抵の方が復縁を望む時にやる事は『絶対に悪いところは直すからもう一度ヨリを戻したい』と自分の悪いところを別れてから直すと宣言する事や『考え直して欲しい。別れたくない』と縋る事になります。

そして、大抵の方々が復縁を望む時にやる事は復縁出来ない方向に流れます。

復縁を望む人が当たり前に復縁を迫る行動をして復縁出来なくなり、当たり前に復縁を迫る行動をしない人が復縁できるのが復縁です。

復縁を望む人が当たり前に行動する事が間違いで、当たり前の行動をしない人が正解になるのが復縁になるのですが、なぜ当たり前の行動をしない人が復縁できるのか?を考えてみましょう。

悪いところを直すから復縁したい!という人や考え直して欲しい、別れたくない!という人は元恋人がどんな考えをもって別れを決断したのかを考えません。

元恋人がどんな想いで別れを切り出したのかも考えずに自分の想いを元恋人に押し付ける行動をするので復縁出来なくしてしまうのが復縁を望む人が復縁を迫る当たり前の行動になり、復縁を望む人が復縁を迫る当たり前の行動をすればするほど元恋人の気持ちは冷めていきます。

元恋人の気持ちが冷める原因を作っているのは復縁を望む人が復縁を迫る当たり前の行動を繰り返すからであり、交際時にも元恋人の気持ちを考えずに自分の想いだけを押し付け、相手に押し付けているだけの交際の仕方をするので別れを切り出されます。

自分が招いた事にも関わらず『チャンスを下さい!!』とチャンスを更にもらおうとします。

チャンスをもらおうとしますが、チャンスは既にもらっていた事に気付かずに『最後に一度だけチャンスを下さい!!』と縋るのが復縁を迫る人の当たり前の行動になり、復縁を望む人が復縁を迫る当たり前の行動をするのでチャンスはとっくにあげていた!!!と怒りを胸の中に溜め込みます。

怒りを更に積み重ねる言動が復縁を望む人が当たり前に復縁を迫る行動ですが、復縁を望む人達はそれが怒りを重ねるものだとは気付きません。

怒りを重ねるものどころか復縁する為には致し方無い行動だと考え、自分の想いを伝える事ばかりで元恋人の気持ちを考える事はしません。

なぜ別れなければならなくなったのか?について考えなければならないのに、考える事は復縁して欲しい!!復縁して欲しい!!という事ばかり。

元恋人からしてみれば、自分で原因を作って自分で別れなければならない状況を作った人がどの面下げて『チャンスを下さい!!』と言ってるのか?

元恋人は復縁したい人が復縁を迫る当たり前の行動をしても復縁したいと思う事はありません。

復縁したいと思えない言動を繰り返され、復縁したいと思えない行動を目の当りにし、元恋人が何故復縁を意識してくれるでしょうか?

復縁を迫る当たり前の行動をする人達には、自分が本当に元恋人の気持ちを考えているのか?をよく考えていただき、あなたの事しか考えないあなたと元恋人が復縁する事で得られるメリットは何があるのか?をよく考えてみては如何でしょうか?

あなたが、あなたの事しか考えない限り、元恋人があなたと復縁したいと思う事はありません。

あなたが復縁を迫る時に当たり前の様にしている行動や言動は決して元恋人の為にはなっていません。

あなたの当たり前は元恋人にとって当たり前ではなく、あなたの当たり前が通じなかったから元恋人には別れを告げられたのです。

元恋人に別れを告げられたのは他の誰でもなくあなたの所為なんですから、あなたの当たり前が通じなかった事を忘れてはいけません。