復縁するには別れ話はとても大切です。

別れ話の対応次第で復縁できる確率も大きく変わります。

突然別れ話しをされてしまい、心の準備がないまま別れる方向にいってしまった…

別れ話の記憶が全くないので別れ話しの対応が間違っていたのか合っていたのかも分からない。

復縁の可能性を残した別れ話しをしたのか?

それとも復縁の可能性を潰す様な別れ話をしたのか?

復縁したいと考えている人は藁にもすがる思いでどうにか復縁できるチャンスがないか?と探していると思います。

もしかしたら、あなたがされた別れ話しの対応次第で復縁の可能性が残されているかもしれません。

どんな別れ話をしたのか?

あなたの復縁の可能性を探して別れ話を振り返ってみては如何でしょうか?

別れ話で冷静に話し合えた

別れ話しで冷静に話し合えたという方は実はとても少ないのです。

突然別れ話をされたのですから感情的になって『別れたくない…もう一度チャンスが欲しい…』と縋ってしまう方が実はとても多いのです。

別れたくないからチャンスが欲しいと思って『チャンスを下さい!』とお願いしてもなかなかチャンスをもらえる事はありません。

しかし、別れ話をされた時に『分かりました!別れましょう!!』とはなかなか言えるモノではないですよね?

別れ話をされた時に突然の出来事であるにも係わらず、元恋人の気持ちを聞いて別れを受け入れる事が出来た人は復縁したい今も元恋人と連絡を取り合う事が出来ているのではないでしょうか?

冷静に話しが出来るという事は言葉で説明すれば、あなたは理解してくれる人という事でもあり、交際時からキチンと話し合う事が出来た人とも見られます。

キチンと話し合う事が出来た人という事は、元恋人にもあなたの意見や気持ちを伝える事が出来ますし、何より別れた後に連絡が取れない関係ではなく連絡を取り合える仲ですから、もう一度交際相手の異性として見てもらえるチャンスを残して別れ話が出来たという事でもあります。

別れ話の時に取り乱してしまいましたか?

別れ話の時に取り乱してしまう方はとても多く、交際が順調にいっていたと思っていた矢先に突然『別れたい…』と言われれば取り乱すのも当然ですよね?

元恋人は別れたくても、あなたは別れたくないんですから別れ話をされて取り乱すのは普通と言えば普通です。

大好きな人であり、一生一緒にいたい!!と思っていた相手だからこそ取り乱してしまうのです。

取り乱すという事は、あなたはそれだけ元恋人の事が好きだったという事です。

但し、好きという気持ちを伝える方法があまり上手ではなく言葉で気持ちを表す事が出来ないから感情的になってしまいましたよね?

感情的になったから酷い言葉を元恋人に言ってしまう方もいますし取り乱して何を言ったのか記憶から飛んでしまう人も少なくありません。

あなたが取り乱す事は元恋人も分かっていたはずで、分かっていたけれど自分の気持ちを抑えられず別れ話をしてきたと考えましょう。

あなたの事をよく理解している恋人だからこそ、別れ話をすればあなたがどうなるか?も理解しての行動です。

別れ話の時に取り乱してしまったなら、あなたの行動を予測出来ていた元恋人の気持ちを汲んで予想を裏切る行動を復縁活動ですればもう一度魅力的な異性としてアピール出来るチャンスが来るかもしれませんよね?

別れ話の時に取り乱した人は要注意

別れ話の時に取り乱してしまう人はほとんどですが、取り乱した後に冷静になって話し合えば分かってもらえるかも!?とは考えないで下さい。

冷静になったところで取り乱してしまった事実は消えません。

取り乱した事実があるので取り乱した事以上の魅力的な部分を見せなければ再度異性として見てもらえる事はありません。

別れ話の時に取り乱してしまった人はそれだけでマイナスからのスタートが大きく、もう一度魅力的な異性として現れるにはとても大変な努力が必要です。

簡単に復縁できるかもしれない。

最短で復縁できる方法は何がある?

といった様に取り乱したことを忘れて復縁を焦れば失敗してしまうので焦りは禁物です。

別れ話の時にセフレを許す様な別れ方は最悪なパターンです。

突然の別れ話になり、体の関係でも良いから繋がっていたいと考える気持ちは分かります。

しかし、別れ話を突然されて冷静ではない状態でセフレを許可してしまえば復縁は難しくなります。

復縁したい!と口にするチャンスがなくなり、復縁したいと思っていても自然の成り行きでセフレになってしまった時とは異なり、セフレになる事を認めてしまった別れ方になるので復縁を要求しようものなら関係を切られてしまう可能性もあります。

もう一度チャンスが欲しい!と思うからこそセフレになる約束をしたなら冷静ではなかった事を伝えてセフレになる事は控えなければなりません。

『体の関係でも良いから繋がっていたい!』と伝えて体の関係を持ってもらえるという事は体を使わなくても関係を持ってくれるという事です。

別れ話の時に体を許す様なことがあってもダラダラと体の関係を続けようとすれば復縁の可能性をなくしてしまいます。

別れ話の時に話したことを思い出せるだけ書き出してみよう

別れ話の時に話した内容を思い出せるだけ書き出しておきましょう。

別れ話では別れの本当の原因を話さないのは復縁の常識となっていますが、本当の原因がなくても原因に近付ける何かに気付くかもしれません。

人間の記憶は時間が経てば経つほど自分の都合の良い様に変換され、都合良く変換された記憶を元に復縁活動をするよりも出来るだけ核心に迫った復縁活動をしなければなりません。

復縁する皆さんに共通するのですが交際時の思い出を美化する事や記憶が時間と共に変わっていく方々が大変多くいらっしゃいます。

情報は正しい情報でなければ意味がなく、頭の中で変換されてしまった情報を元に復縁活動をする方は大変多く、正しい情報だと思い込んでしまえば復縁活動は失敗します。

間違った情報を元に復縁活動をしない為にも別れ話に話したことは出来るだけ早くメモに残しておくことをお勧めします。

まとめ

別れを決断した元恋人も、あなたの事を好きだった訳ですから、好きだった相手への別れ話は気が重く、罪悪感ばかりがのしかかってしまいます。

罪悪感があるのでなかなか別れ話を切り出すタイミングがなく、別れ話を切り出すタイミングがないので時間が経過し、タイミングを見て別れ話をするまでの間はラブラブなカップルを装ってくれていたのです。

そして別れ話をするタイミングで別れ話をしたのが、あなたにしてみたら突然の別れ話になってしまいました。

ずっと考えていた事をやっと口に出来た別れ話の時にあなたはどんな対応をしましたか?

元恋人は別れ話を切り出すタイミングをずっと計っていた訳ですし、切り出すタイミングがないのでいつまでも別れ話が出来ませんでした。

あなたが縋る事や感情的になって別れ話が進まない事を危惧した元恋人の気持ちを汲んだ対応が出来なければ、あなたの印象は別れ話をされた時よりも悪くなりますよね?

復縁したい方々は別れ話の時にされた話しの内容を一言一句違えずに覚えていらっしゃいますか?

何が理由で別れたいと言われたのか?

別れ話をされた時にあなたが取った態度は正しかったのか?

復縁したいなら別れ話の内容を思い出してみては如何でしょうか?