復縁する為に自己改革を施し、復縁活動を頑張っている人がいます。

自分を改革して変わった姿を見せれば復縁の可能性があるかもしれない…

そういった想いから復縁の為に自分を変えようと改革に向けて努力する人は沢山います。

しかし残念ながら改革の方向を間違えてしまい復縁に至らない…という方も沢山いらっしゃるのです。

復縁したい時に自分を変えなければならないのは復縁の基本です。

以前の状態は別れを切り出されたのですから、その状態で復縁を望んだ所で復縁が叶う訳もありません。

復縁したいのでしたら少なくとも以前の状態とは変わらなければならず、自己改革する事は当然しなければならない状態です。

自分には何も非がないと考え、自分を変える必要はないという考えは相手に考え方を変えて下さい。と仰っている事と変わりません。

別れを切り出した側に対して「あなたが変わって私を受け入れて」と仰ったところで聞いてくれるハズもなく、自分を改革出来ない人に復縁を望む事は出来ません。

自己改革を行う事が出来なければ元カレ・元カノに改革しなさいと言っている事と同様の事をして復縁出来ると思う人はいないと思います。

その為、復縁=自己改革は必須条件であり、変わった自分を受け入れてもらう事が復縁に繋がり、相手に変わってもらう事を望む人が復縁に繋がる事はありません。

復縁屋に復縁工作の依頼をしても元カレ・元カノを改革させるわけではありません。

元カレ・元カノは自分を変えたいと考えている訳もなく、あなたと復縁する為に自分を変えなければ!!!と考える人は存在しません。

相手は今のままの自分で良いと思っているのです。

今のままの自分で良いと思っている人が自己改革等出来る訳もなく、自己改革は自分を変えたいと思うからこそ変えられるのです。

復縁の為に自己改革したいと思うのか、相手に考え方を変えてもらいたいと思うのか?

どちらが正しいのかは復縁を真剣に考えているなら分かるかと思います。

真剣に復縁を考えるなら自己改革をする事の大切さを今一度考えてみて下さい。