復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談を頂き、アドバイスをさせて頂くと「ジースタイルさんは厳しいですね」と多くの相談者様が仰いますが、弊社がお伝えさせて頂く事は復縁工作で実際に対象者に接触して話しを聞き出した過去の実績からアドバイスをさせて頂くものですから、弊社からのアドバイスが厳しいと仰る相談者様たちはパートナーから厳しい状況に合わせられている現実をもう少し見た方が良いかと思います。

無料相談の段階では相談者様のパートナーから直接聞き出した事を基にアドバイスをする訳ではありませんが、弊社で復縁工作を行っていると大抵の対象者から依頼者様の問題点を聞き出していきますので、相談者様には過去の復縁成功者の状況を基にアドバイスをさせていただいています。

対象者から聞き出す情報を依頼者様に全てお伝えするのですが、正直言って厳しい事ばかり言われます。

厳しい事を言われたものをそのまま依頼者様にお伝えするのですが、伝える時はそのままを伝えると依頼者様のショックも大きいので言葉を選んでお伝えさせて頂くのですが、それと同様の事を相談者様にはアドバイスをさせていただき、復縁活動の参考にして頂いてます。

言葉を選んで相談者様にお伝えさせて頂いているのですが、言葉を選んでいる状態でも相談者様は『ジースタイルさんは厳しいですね。』と仰います。

別れ話しの時に別れの本当の原因をパートナーは濁して伝えるか、嘘の別れの原因を伝えられるのですが、パートナーが別れの本当の原因を伝えたなら相談者様はパートナーに『厳しい事を言うね。』とでも言うつもりなのかな?とさえ感じます。

相談者様の言葉は復縁したいけど、大変な事はしたくない、辛い思いはしたくない、という気持ちが含まれている言葉になり、厳しい事を言われずに楽して復縁したい!!という気持ちが垣間見えます。

パートナーにしてみれば別れを決断したという事は、相談者様に三行半を突き付けた訳で、相談者様との未来に明るい未来が視えないから交際の継続は難しい…と判断した事を忘れてはいけません。

復縁したい!!と思う状態はパートナーに不満を与え、パートナーに交際するメリットがない!!と判断されたものですし、その状態を自覚しているなら厳しい事を言われるのは当然であり、厳しい事を言われるから相談者様は問題点に気付けるのですが、厳しい事をアドバイスするだけで『ジースタイルさんは厳しいですね。』と仰るのですから本当に復縁したいのかな?とさえ感じるのです。

パートナーから別れを切り出されていて相談者様に問題点があるのですから復縁したいなら厳しい事を言われるのは当たり前という事に気付いていないので『ジースタイルさんは厳しいですね。』と仰っている訳ですし、厳しい事を乗り越えるからこそ復縁に繋がる事を忘れてはいけません。

本当に復縁したいなら相談者様自身の問題点を改善しなければパートナーは振り向いてくれる事はありませんし、パートナーを振り向かせて復縁したいなら厳しい事を言われるのは当然で、厳しくない事をアドバイスされるような自分に都合の良い言葉だけを鵜呑みにしていれば復縁できない事も忘れてはいけません。