復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談をいただく際に『復縁した方がいいですか?』と聞かれる事があるのですが、『復縁した方がいいですか?』と仰る人ほど復縁が難しい状況だったりします。

恋愛は一人でするものではありませんし、二人でするものなので復縁するかどうかの判断は元恋人になります。

恋人からフラれて復縁したい立場の人が『復縁した方がいいですか?』と聞く時点でおかしな事を言ってる訳ですし、おかしな事を言ってる事に気付いてないのですから普段からおかしな事を口にしている事が分かります。

『復縁した方がいいですか?』という相談者の常識は分かりませんが、少なからずフラれた側の人が復縁した方がいいかを悩むのはいささか疑問です。

フッた後にやっぱり元恋人の事が好きかもしれない…と気付いたけど、復縁したら気まずいな…と考えて復縁した方がいいかな?と悩むなら分かりますが、別れを告げられて元恋人は復縁する気がないのに『復縁した方がいいですか?』という言葉を出すというのは一般的な考え方としてズレていると判断せざるを得ません。

一般的な考え方とズレている事に気付かなければ交際相手として見る事は出来るのでしょうか?

例えば食事の仕方一つとっても、食事のマナーが出来ておらず、クチャクチャと音をさせて食べる事が嫌だな…と思わせていたり、育っていた環境があまりにも違い過ぎて交際が厳しい…と感じる相手と結婚なども視野に入れて交際する事は可能でしょうか?

考え方の違いや育ちの違いは人間関係を継続させていく上でとても重要な事であり、常識があまりにもズレている人が交際を継続させようとしても難しくなってしまうのです。

繰り返しますが、よりを戻すかどうかの判断は元恋人がするものであり、復縁したい人が悩む事ではありません。

それが分かっている人なら『復縁した方がいいですか?』という相談をする事は絶対にありませんし、それが分かってないので『復縁した方がいいですか?』という相談をするのです。

復縁したい人は『復縁した方がいいですか?』と相談するのではなく、『どうやって復縁すればいいんですか?』という相談をいただきますし、分かっている人と分かってない人では出てくる言葉が変わります。

分かっている人は出てくる言葉が変わるので、分かっている人が口にする言葉とは違う言葉が出る時点で分かってないという事にも繋がります。

復縁するには自己改善をしなければ復縁できませんし、自己改善が出来ている人が出てくる言葉が異なります。

『復縁した方がいいですか?』という相談者が復縁できる事はありませんが、それと同様に自己改善が出来てない人も的外れな言葉を平気で口にします。

『復縁した方がいいですか?』という相談者と自己改善が出来てます!と言いながら自己改善が出来てない人は共通点があって復縁できません。

本当に復縁したいなら誰が聞いても理解していると判断される言葉が自然と出てくるようにならなければ復縁は難しい事を忘れないでください。