復縁を望む人は、復縁したい相手との復縁を考えるうえで、気をつけなければならない事それは復縁に「ギブ&テイク」を復縁活動を行う際、意識してはならないという事です。

復縁を望む側は、復縁したい相手から「復縁」してもらうということ。

・自分ばかり努力している
・復縁したい相手に与えてばかり
・復縁したい相手は何もしてくれない
・不公平

復縁したい相手にとって、今は恋人関係でもなく復縁を望む側であって、「喜ばせたい相手」ではないということです。復縁したい相手からすればあなたにとっての「見返り」は全く必要がありません。

つまり、復縁を望む側であるあなたが復縁に対して「ギブ&テイク」の意識で復縁活動を行うと、自分が期待する見返りのレベルに対して、復縁したい相手からの見返りが少ない場合不満を抱え続けることになります。

復縁したい相手に対し不満を抱えたままで、復縁活動が正しく行えるとは思えませんし、不満が出てしまうのであれば復縁したいと思わなければいいのではないですか?

何故別れてしまったのですか?

大切な相手だからこそ大切にする。当たり前です。大切にしたいと思える事で大切にできるのです。だからこそ大切な相手からも大切にされるのです。口では大切な相手といいながら、ぞんざいに扱えば相手からもぞんざいに扱われるのは当然の結果となります。

誰でも少なからず「大切な人を大切にしたい」パートナーからも「大切にされたい存在」でありたいと思うものです。それが自分にとって大切だと思う相手であれば尚更の事です。

とはいえ、どうもパートナーからは大切に扱われていない…。どうもパートナーの気持ちがこちらに向いていないと感じる事になってしまっては手遅れなんです。

結局、それは相手のことが大切なのではなく、『自分が大切』『自分が大事』実は言葉で言っているほど相手を大切に思ってはいないという事で、あなたの相手への言動が伴っていないという結果になります。

つまりは、少し言い方を変えると「何かが返ってくる事を期待して何かをする」という見返りの気持ちが前提にあるということになるのです。

パートナーの自分への接し方、想いや態度なんてのは、実は、あなたがパートナーにしている事がされてるだけに過ぎません。

その為、自分が何かをしてもパートナーから何も返ってこなかったり、もしくは自分の期待した反応がないという場合には、『』をしたような気持ちになってしまいます。

パートナーの気持ちが離れているような気がする…

それはあなたが相手の想いが離れてしまうような、そう思わせるような言動を繰り返しているからという事に尽きます。

パートナーからは大切にされていない気がする…

それは、あなたが相手に大切だと思っているということが伝わるような接し方をしていないからに尽きます。

これは人間関係のすべてに言えることです。つまり、そう言ってる自分が好きなだけじゃないか?相手云々ではなく自分の想いを一方的にぶつけているだけじゃないか?

大切にしてくれたから大切にする」ではダメなんです。「大切にするからこそ相手からも大切にされる」のです。相手に”与える”ことによって喜んでもらうことが出来、それで自分も喜びを実感、共感できるのです。

厳密に言えば「復縁したい」「復縁を意識させたい」という想いがあるからこそ、与え続けることができるものです。

復縁したいと考えている人はもう一度自分のこれまでの振る舞いを一考する必要があるのではないのでしょうか。