復縁問題を解決したいと思うなら株式会社ジースタイル

復縁したいと考え、復縁活動を頑張っている方は多いと思います。

復縁したい相手との復縁の為に、試行錯誤されているのではないのでしょうか。

復縁する為=復縁したい相手に好かれる為

復縁したい相手にどうやったら好かれるのか?色んなことを考え行動しようとします。しかし、復縁を望む人は、「復縁したい相手にもう一度好かれる為には?」をまず考え行動することに大きな落とし穴が潜んでいることに気付きません。

復縁したい相手に好かれる為の行動をとってしまうと、逆に嫌われることを!!

厳密にいうと、もう一度好かれる為に復縁活動を頑張るのですが、目的が「好かれる為」となると逆効果になってしまうという事です。

何故?復縁したい相手にもう一度好かれる事が復縁の近道ではないのか?とお思いの人もいらっしゃると思います。

弊社のサポートのもと、復縁したいと頑張ってらっしゃるお客様、復縁に辿り着いたお客様は好かれる為の行動を目的にしているわけではありませんし復縁活動されているわけではありません。

復縁したい相手との「復縁」を望まれ、「復縁」を目的に努力されているわけです。その為に自分がどのような行動に出なければならないのか?しなければならないのか?という事をしっかりと理解し考えています。

行動としては、最終的に「復縁したい相手に好かれる為」の行動で間違いありませんが、本人は「好かれる為」の気持ちからではなく、

「復縁したい相手の役に立ちたい」
「復縁したい相手に喜んでもらいたい」

と純粋に復縁したい相手の力になれればいいとの考えなんです。

そもそも「好かれる」というのは最終段階で結果好かれる事で復縁という結果になるのです。最終的に「復縁」の判断をするのは復縁したい相手なのですから。復縁を望む方はあくまで復縁をお願いする立場なのです。

復縁を望んで、一人で復縁活動に取り組まれている人の行動は、いかに復縁したい相手から好かれようか?自分の事を意識してもらおうか?と自分の気持ちを優先した行動に偏りがちで、復縁したい相手へのアピールとして行動してしまっていることが多い様です。

このようなスタンスで復縁したい相手と接すると、復縁したい相手の警戒心がより強くなっていきます。ちなみに、自分の想いを必死で押し付ける人をどう感じますか?いい感情を抱く事できますか?

追えば逃げます。つまりは、好かれる前提の行動をとってしまい気が付くと、復縁したい相手からの距離は離れていってしまうという事です。

最終的には、復縁したい相手から「好かれる」ために考え行動します。
先程もお伝えしましたが、選択、決断するのはあくまで復縁したい相手であるという事です。

復縁したい相手から「復縁」を意識させる為「好き」と認識できるだけ最大限の良い印象、感情を復縁したい相手に与えていくだけなのです。

復縁を望む人が今このときに出来る事というのは、復縁したい相手が自分にとって良い選択をしてくれるように、最大限の努力をするほかありません。