復縁で悩む人達の心はとても弱く、別れた直後や復縁相談の直後は強い意志を持って復縁に挑む姿を見せていただけます。

元恋人の事をどれだけ思っているかを熱く語り、如何に復縁したいかを相談時にお伝え頂く事が多いのですが本気で復縁を考えている方々の心はとても弱く感じますし、ちょっとした出来事で脆く崩れ落ちてしまう危険性もあり、ご相談を承っているととても心配になる程、不安を感じます。

本気で復縁で悩むご相談者の多くは別れを告げられたショックで食事も喉を通らない程に悩みます。

食事が喉を通らないだけではなく眠る事もままならず、眠りについても夢を見たりすぐに目が覚めてしまったりと精神的に参ってしまう方も多くいらっしゃいます。

寝ても覚めても元恋人の事を考えてしまい、どうやったら復縁できるのかばかりを考えてしまい、仕事も手に付かず何もやる気が起きず、ネットで復縁方法について検索する事ばかり考えてしまいます。

誰かに話しを聞いてもらわなければ不安になり、友人や知人に相談するものの『復縁は諦めてもっと良い人を探した方が良いよ!』と勧められ、復縁は諦めた方が良いかもしれない…と流されるけど元恋人を好きな気持ちを失えず苦しみを抱えてしまいます。

抱えた苦しみを共有できる人がいないので一人で悩みを抱えて苦しみますが、一人で悩みを抱えて苦しむので抱えた悩みの大きさに押し潰されていきます。

元恋人との良い思い出が頭の中を巡り、復縁…復縁…復縁…と復縁できない現状に心が弱くなっていきます。

心が弱っている為、これ以上傷付きたくないという想いが強く、自分が傷付きたくない気持ちが優先されていき、次第に元恋人を幸せにする為の苦労よりも辛い状況を如何に脱出できるか?を考える様になります。

傷付きたくないという気持ちは自分を守る為であり、復縁を考えない様にするのが一番楽な道だと気付きます。

別れてから一週間、一か月、半年と時間が経てば経つほど復縁したい気持ちよりも次の出会いや幸せを考えてしまい、元恋人を忘れる様に脳が働きかけます。

弱い自分に気付くのが怖く、気持ちが薄れていく事に疑問を感じなくなり、復縁したい気持ちよりも日々の幸せを求めていき、少しづつ幸せを取り戻す為に前向きに生きようと自分に言い聞かせるようになります。

本当は復縁したいと思っていても、復縁する事が幸せではない…と考える様になり、別れを告げられた時の苦しみを忘れていく中で新たな出会いがあり、弱っている心と決別する形になります。

復縁したいと願っている今、あなたは自分の心が弱っている事に気付きません。

気付かないから今はとても復縁したいと願っていると思います。

しかし、時間の経過と共に弱っている心は更に弱ってしまいます。

そして導き出される結果は復縁を諦めるという結果になるので本当にあなたが復縁したいと願っている元恋人はどんな事をしてでも取り戻したい相手なのか?

どんな事をしてでも取り戻したい相手だからこそ今本気で悩んでいる!と思うかもしれませんが、復縁したいと願う人の心は弱いものです。

悩んだ末に少しでも他の人との未来を考えられるようなら復縁を願うのではなく別の人との未来も同時に考えてみる事をお勧めします。

心が弱っているのは仕方がない事ですが、復縁したいなら弱った心も受け入れて復縁という困難な道を歩む為に気持ちを強く持たなければなりません。