復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にご相談頂く際に、復縁屋は相談者様の復縁したい本気度を確認させて頂いています。

復縁屋に電話やメール、lineで相談して来るのだから、相談者様は本気で復縁したいと思っている!!と考える相談者様はとても多いのですが、復縁屋に相談したから本気で復縁したいと思っているとはなりません。

本気で復縁したい!!というのは言葉ではなく気持ちの問題であり、言葉と気持ちを直結して考える相談者様は彼氏(彼女)の言葉は聞けても、彼氏(彼女)の気持ちは理解出来てないとも取れますし、気持ちの繋がりを求める事が交際になり、言葉の繋がりしか理解出来ない相談者様には復縁の可能性を上げる事は出来ない。と気付かなければなりません。※参考ブログ:あなたの望む復縁は連絡の繋がりですか?それとも心の繋がりですか?

復縁屋にご相談頂く際に本当に復縁したいのか?を自分で判断出来ない相談者様もいらっしゃいますが、復縁したいか分からない…という事は、復縁しなくても困らない。という事でもあるので、その相談者様が本気で復縁したいのか?と言われれば、本気で復縁したいとは思えません。※参考ブログ:本気で復縁したい気持ちがない相談者様なので彼氏(彼女)にその気持ちを見透かされているのです。

自分が復縁したいか定まっていない相談者様から復縁屋に相談が来ても、相談者様本人が復縁したいか分からない…と仰っている時点で復縁の可能性が1%でもあるのか?と言われれば『無いと思います。』という返答になりますが、相談者様が求めている言葉が『復縁した方が良いと思いますよ。』という言葉を求めているのが分かります。

誰かに相談しなければ彼氏(彼女)の事が必要かどうかを判断出来ない程度の気持ちの持ち主が復縁活動に進もうとしても、復縁活動は途中で頓挫する事が分かりますし、復縁活動が頓挫する事が分かっている相談をいただいても、復縁屋が対応する理由はありません。※参考ブログ:大切な人を想う気持ちから出る行動ではなく自分に甘い考えを持つ復縁活動だから復縁出来ないのです。

復縁は、相談者様にとって大切な彼氏(彼女)から別れを告げられてしまい、彼氏(彼女)の大切さに気付いて取り戻したいという気持ちがあり、その気持ちが伝わるから復縁を意識させる事にもなりますが、誰かに言われなければ復縁したいかどうかも分からない程度の気持ちを相談者様が持っていれば、交際時にどんな気持ちが彼氏(彼女)に伝わっていたか?の彼氏(彼女)の受け取り方も分かりますし、別れに至った原因の一つである事も分かります。※参考ブログ:伝えたい事が伝わらなくて別れに至った相談者様が復縁したいなら参考にして下さい。

復縁はお互いに求め合うからこそ成立するモノであり、別れを告げられた状態なら相談者様の彼氏(彼女)は相談者様を求めていない事が分かっている状態となり、相談者様が求められていないのに、相談者様自身も求めている訳ではなければ、そもそも復縁できる、復縁出来ないの問題ではありませんし、復縁する理由が双方にないのです。

双方がお互いを求めていない関係性が分かっていて、『復縁した方が良いよ。』と言う復縁屋はありませんし、周りから復縁を唆されたから復縁するカップルが長続きする事もありません。※参考ブログ:言いたいけど言えない関係を作っているから相手との関係が上手くいかなかったのです。

どちらか片方が求めている関係性ならサポートする事は出来ても、どちらも求めていない関係性をくっ付ける相談を復縁屋は承っていないので、相談者様に対して『復縁した方が良いよ。』という言葉を復縁屋が掛ける事はありませんし、復縁してもらいたい!!と思う事もないのです。※参考ブログ:復縁をサポートする復縁屋ジースタイルはどんな人材が復縁をサポートしてくれるの?

自分の気持ちが分からなければ、それが答えであり、彼氏(彼女)と復縁した方が良いのかな?と相談する時間があるなら次の彼氏(彼女)を探す時間に充てた方が時間を有意義に使えますが、こういった相談者様が次の彼氏(彼女)を作ったところで長続きはせずに直ぐに破局になる恋愛を繰り返すであろう事が分かりますし、本当に好きな相手と出会える機会は殆どないので、妥協で結婚などに進む事が予測されます。

恋愛は一人でするものではありませんし、二人でするものなので復縁するかどうかの判断は相手になりますし、相手が決める事なのに、フラれた立場の人が『復縁した方が良いですか?』と聞く時点で、そこまで復縁したいと思ってないでしょ?となるのです。

これが分かってない相談者様なので、相手が決める権限を持ってるのに、自分が決める権限を持ってるかのような発言をし、その発言がおかしい事に気付かないのですから、その相談者様の仰っている事はおかしいですよね?になるのです。

あなたが別れを告げたなら、あなたが復縁するかどうか?の判断は、あなたにありますが、フラれた立場であなたが決められる事ではないのに、自分が判断出来るかのような発言が出来る相談者様と話していると交際時にも理解が出来ない事を口走っていたんだろうな…という事が想像出来ます。

一般的な考え方とズレている事に気付かなければ交際相手として見てもらえる事自体が不思議ですし、例えば、食事の仕方一つとっても、食事のマナーが出来ておらず、クチャクチャと音をさせて食べる事が嫌だな…と思わせていたり、育っていた環境があまりにも違い過ぎて交際が厳しい…と感じる相手と結婚なども視野に入れて交際する事は可能でしょうか?

考え方の違いや育ちの違いは人間関係を継続させていく上でとても重要な事であり、常識があまりにもズレている人が交際を継続させようとしても難しくなってしまうのも分かります。※参考ブログ:【価値観の違い】を理由に別れたいと言われたけど復縁したい方々へ。

それが分かっている人なら『復縁した方がいいですか?』という相談を誰かにする事はありませんし、分かってない人が気付かない内に口走る言葉で相手が理解出来ない言葉や不愉快に感じる言葉を出してしまうのです。

復縁したい人が『復縁した方がいいですか?』と相談する事はありませんし、『どうやって復縁すればいいんですか?』という相談は分かりますが、相談内容をお伺いしていれば、自分の立場が分かっている人と分かってない人の違いが出ますし、出て来る言葉で相手がどう思うか?を考えられない人となるのです。※参考ブログ:人それぞれに抱える事情があるので考え方や気持ちも変わる事を理解してなければ復縁出来ないのです。

理解している人から出る言葉と理解してないから出てしまう言葉の違いが分かってない相談者様ですと、復縁相談を頂いても理解していただくまでに時間が掛かりますし、自分の事なのに、復縁屋が状況を説明しなければ理解出来ない相談者様が自分の力で復縁出来る可能性なんて皆無に近いのです。

『復縁した方がいいですか?』という相談者が復縁できる事はありませんが、それと同様に自己改善が出来てない人も的外れな言葉を平気で口にし、『自己改善は出来てます!』と仰る相談者様は自己改善が出来ているケースは皆無になります。※参考ブログ:復縁方法が分からないなら早目に復縁屋に相談して復縁活動を始めなければ復縁出来ません。

『復縁したい!!』と口にすれば復縁したい気持ちが伝わると思い込んでいる方もいて、復縁相談をしている相手に本当に復縁したい!!と伝わると思っているのかな?と思わせる相談者様が復縁出来る事はなく、言葉は気持ちを表すものであり、自分の考えを表すツールなのですから、思ってもいない事が言葉として発信される事はありません。

相談を聞く側が『本当に復縁したいの?』と疑問を持ってしまう程度の気持ちで復縁相談をするのですから、『復縁した方が良いですか?』という言葉を口に出来る相談者様に対して、復縁屋は何の為に相談して来たんだろう…と感じるのです。

相手が決める事を自分が決められると勘違いしているようですし、これが会社や受験の面接の時に『私はこの会社に入社した方が良いでしょうか?』と質問したり『この学校に入った方が良いでしょうか?』と聞く事と変わらないという事が分からないのですから、付き合っていた相手も交際時は相当疲れたんだろうな…と想像出来るのです。

本気で復縁に取り組む姿勢がない相談者様はすぐに分かりますし、本気で取り組む姿勢がない相談者様だから『復縁した方が良いですか?』と口に出来るのです。

しかし、本人は至って本気で復縁相談を頂きますし、復縁相談を頂いたところで復縁出来ない事が分かるので、復縁屋は『復縁した方が良いですか?』というご相談を頂く相談者様からの復縁相談は打ち切らせて頂くのです。※参考ブログ:メールやlineでご相談頂く際に復縁出来ない特徴が出ている相談者様からの復縁相談を復縁屋は断ります。

コミュニケーションが取れない相談者様からの復縁相談を承る復縁屋はありませんし、コミュニケーションを取れない事に気付いてない相談者様の復縁は通常の復縁成功率よりも相当低い事が見込まれます。

相手が決める事なのに、決定権は自分に有るかのように考える相談者様なので、復縁相談をお断りする事も決定権は復縁屋にある事を分かってもらえるなら、復縁の可能性は少しは出て来る可能性がある事も教える事が出来ていれば良かった。と復縁屋は考えるのですが、この手の相談者様が気付く事はないので復縁は絶望的になるのです。