復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にご相談頂く際に、復縁屋は相談者様の復縁したい本気度を確認させて頂いています。

復縁屋に電話やメール、lineで相談して来るのだから、相談者様は本気で復縁したいと思っている!!と考える相談者様はとても多いのですが、復縁屋に相談したから本気で復縁したいと思っているとはなりません。

本気で復縁したい!!というのは言葉ではなく気持ちの問題であり、言葉と気持ちを直結して考える相談者様は彼氏(彼女)の言葉は聞けても、彼氏(彼女)の気持ちは理解出来てないとも取れますし、気持ちの繋がりを求める事が交際になり、言葉の繋がりしか理解出来ない相談者様には復縁の可能性を上げる事は出来ない。と気付かなければなりません。

復縁屋にご相談頂く際に本当に復縁したいのか?を自分で判断出来ない相談者様もいらっしゃいますが、復縁したいか分からない…という事は、復縁しなくても困らない。という事でもあるので、その相談者様が本気で復縁したいのか?と言われれば、本気で復縁したいとは思えません。

自分が復縁したいか定まっていない相談者様から復縁屋に相談が来ても、相談者様本人が復縁したいか分からない…と仰っている時点で復縁の可能性が1%でもあるのか?と言われれば『無いと思います。』という返答になりますが、相談者様が求めている言葉が『復縁した方が良いと思いますよ。』という言葉を求めているのが分かります。

誰かに相談しなければ彼氏(彼女)の事が必要かどうかを判断出来ない程度の気持ちの持ち主が復縁活動に進もうとしても、復縁活動は途中で頓挫する事が分かりますし、復縁活動が頓挫する事が分かっている相談をいただいても、復縁屋が対応する理由はありません。

復縁は、相談者様にとって大切な彼氏(彼女)から別れを告げられてしまい、彼氏(彼女)の大切さに気付いて取り戻したいという気持ちがあり、その気持ちが伝わるから復縁を意識させる事にもなりますが、誰かに言われなければ復縁したいかどうかも分からない程度の気持ちを相談者様が持っていれば、交際時にどんな気持ちが彼氏(彼女)に伝わっていたか?の彼氏(彼女)の受け取り方も分かりますし、別れに至った原因の一つである事も分かります。

復縁はお互いに求め合うからこそ成立するモノであり、別れを告げられた状態なら相談者様の彼氏(彼女)は相談者様を求めていない事が分かっている状態となり、相談者様が求められていないのに、相談者様自身も求めている訳ではなければ、そもそも復縁できる、復縁出来ないの問題ではありませんし、復縁する理由が双方にないのです。

双方がお互いを求めていない関係性が分かっていて、『復縁した方が良いよ。』と言う復縁屋はありませんし、周りから復縁を唆されたから復縁するカップルが長続きする事もありません。

どちらか片方が求めている関係性ならサポートする事は出来ても、どちらも求めていない関係性をくっ付ける相談を復縁屋は承っていないので、相談者様に対して『復縁した方が良いよ。』という言葉を復縁屋が掛ける事はありませんし、復縁してもらいたい!!と思う事もないのです。

自分の気持ちが分からなければ、それが答えであり、彼氏(彼女)と復縁した方が良いのかな?と相談する時間があるなら次の彼氏(彼女)を探す時間に充てた方が時間を有意義に使えますが、こういった相談者様が次の彼氏(彼女)を作ったところで長続きはせずに直ぐに破局になる恋愛を繰り返すであろう事が分かりますし、本当に好きな相手と出会える機会は殆どないので、妥協で結婚などに進む事が予測されます。