復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談者様から『元彼(元彼女)に何てlineを送ればいいか教えて下さい。』というご相談を頂くのですが、lineの送り方で悩む方は少なくありません。

どうやってlineを送れば復縁できるかな?と考える方はとても多いようですが、lineの送り方を探してネットで様々な復縁する為のlineの送り方の情報を探すようで、弊社スタッフも復縁する為のlineの送り方をネットでどの様に書かれているかを探してみましたが、ネットに書かれている復縁する為のlineの送り方は正直に申し上げまして復縁屋として疑問しか出ない内容をlineの送り方として書かれているものが大変多くあります。

疑問しか出ない内容をlineの送り方として書かれている中で、某復縁セラピストのブログを読んでみましたが、よく復縁セラピストを名乗れるな…と疑問を感じるほどに酷いlineの内容を送る方法をブログで説明していました。

参考にしたブログが、復縁したいパートナーとのlineのやり取りやlineを送っても既読スルーの状態で返信が来ない方に向けて書かれたブログだったのですが、素人レベルの発想と言いますか、よく復縁セラピストを名乗れたな…と感じる内容でしたので読んでいて苦笑いをしなければならない復縁ブログとなっていました。

lineを送ってスグに返信がなかったとしてもご安心下さい。と書かれているブログ記事には、メールやlineを送っても返信が来ない理由が必ずあります!!と書かれており、返信が来ない理由にはタイミングやlineの内容が問題かもしれない…と続けて書かれているのですが、ここまでならどう意見ですが、その先は疑問ばかりが浮かぶ様な内容を書かれており、復縁セラピストって…と考えさせられる内容が書かれていました。

タイミングが悪いならタイミングを外した時間に送る事を考えなければならず、仕事中や大事な打ち合わせ、車で移動中など返信出来ない時はタイミングが悪いのですから内容によってはすぐに返信が来るでしょうけど、内容によってはすぐに返信が来ないのは当然です。

復縁セラピストは返信が来ない時は時間帯を考えて送れば良いと書かれているのですが、返信する必要性を感じないから返信が来ないのであって、仕事とlineの優先順位が仕事の方が上なので返信して来ないのは容易に分かります。

人間が生きている上で、行動の順序をつけるのは普通ですから行動の順番が仕事が上でlineの返信が下であるだけの問題になります。

例えば、重要な会議中に『おはよ~!』というlineを送られて、重要な会議中なのに『おはよ~!!』と返信してくる人はまずいませんよね?

lineの内容が返す程の内容ではないから返信よりも会議を優先した結果、返信しないのであって、返信が来ない事を悩む人はほとんどいませんよね?

これが、重要な会議中にlineが来て、『さきほど母が亡くなりました。葬式、通夜の話しをしたいから連絡下さい。』という内容でしたらどうでしょうか?

このlineの内容を送って来る人が絶縁している兄弟で、絶縁してる兄弟関係から母の葬式の話しをしたいと言われてなるべく急ぎで返信しようと思うのは普通の事だと思いますが、『おはよ~!』『さきほど母が亡くなりました。葬式、通夜の話しをしたいから連絡下さい。』という内容では送り手との人間関係も送って来る内容も全く重要度が違うので返信が来やすい内容なのはご理解頂けるかと思います。

もちろん、会議中でlineの確認が遅れるかもしれませんし、返信がリアルタイムでは来ない可能性も考えられます。

それでもlineの内容を確認して重要度が高ければ、タイミングが悪いから…という返信が来ない理由にはなりません。

復縁屋ならlineの返信が来ない理由はlineの内容の重要度が低いと考えるのでタイミングが悪いから返信が来ない理由はない!と断言出来ます。

しかし、この復縁セラピストは素人考えと同じなので、内容+タイミングという考えを持ち、タイミングもlineを送る時には考慮しなければならないと考えます。

本当に復縁を知っているならタイミングに頼ったlineの送り方を提案する事はないのですが、タイミングとlineを送る内容を同列に考えている時点で、この復縁セラピストに相談しても復縁は難しいと言わざるを得ません。

復縁の経験がほとんどない人がメールやlineよりも手紙で気持ちを伝えよう!!と口にするのですが、その発想と同様で、メールやlineは見てくれてるかどうか分からないけど、手紙ならパートナーが目を通してくれているはずだ、タイミングが悪かったからタイミングを合わせればパートナーが見てくれるはずだ。と、内容が悪いから返信が来なかったりアクションがない事を考えるのではなく、パートナーが見てくれない事が原因だから、パートナーの原因をどうにかしようと画策する考え方になっているのです。

この考え方は復縁したいなら一番やってはいけない事で、自分の問題を見ずに相手の問題を指摘するコミュニケーションの取り方になっているのです。

自分を否定するからパートナーを肯定する考えなので復縁できるに繋がるのですが、パートナーを否定して自分を肯定するので復縁できない人の考え方になっているのでlineの内容に問題がある事に気付きません。

返信が来ない理由はパートナーに問題があるからではなく、lineの内容の送り手に問題があるのです。

lineの送り手に問題があるにも関わらず、パートナーに問題があるかの様に書いている復縁ブログが正しいと誤認識させるような方法を説明している復縁セラピストや復縁アドバイザーはとても多いのですが、そのlineの送り方を推奨する方々に復縁のお手伝いを出来る訳がないのです。

例えば『おはよう。今日も良い天気だね!頑張ろう!』というlineの内容を送る時に付き合っていた当時なら『おはよう!!』と返信してくれていたかもしれませんが、別れた後に挨拶に対応しなければならない理由はありません。

恋人ではないので返信する義務感もなくなりますし、lineの内容が返信しなくても双方の関係に問題が発生する様な内容ではないのです。

朝のタイミングでおはよう!!の挨拶を送ったところで、その返信をする事の重要性はパートナーの中にはあるかもしれないですし、ないかもしれないですし、lineの内容が重要なら返信は来るのです。

復縁相談者様たちが良く送る内容として、付き合っていた時の問題点を直すから…といった内容や言い訳をツラツラと重ねるlineの内容を送っても返信が来なくなっている方々もいらっしゃいます。

送っているlineの内容を否定出来ないので、パートナーが受け入れてくれない…とパートナーのせいにする言葉が出るのですが、パートナーを否定して、自分を肯定するlineの内容を送るから復縁出来ないのです。

そして、パートナーを否定し、相談者様自身を肯定する考え方を持っているので自己改善をする時にも『自分は頑張って悪いところを直したんです!!』と口にする相談者様はとても多いのですが、自己否定が出来ず、自己満足をしてパートナーを責める考え方なので復縁出来ずに復縁屋に相談しなければ自己否定が出来てない事に気付かない自己満足の自己改善を繰り返しながら『復縁したいです!!』と口にするのです。

lineを送る内容を気にして復縁相談を頂く方々はパートナーの幸せを主体にして考えるのではなく、相談者様の幸せを優先して考える復縁活動を行っている事も分かり、結果的には一人で復縁活動をしても復縁出来ない相談者様である事が分かるのです。

lineを送る内容に拘って、相談者様の考え方が間違っている事に辿り着かないから復縁出来ないのですから、本当に復縁したいなら何をしなければならないか?をもう一度一から見つめ直す事をお勧めしています。