復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れを告げられて自分に自信が無くなるのは仕方がありません。

とても大切にしていた人から別れを告げられれば自分の必要性について疑問を持ってしまいますし、自己評価を低くしてしまう気持ちも分かります。

必要以上に自分に自信を持つ必要はありませんが、自己評価を必要以上に下げる必要もありません。

普通であればいいものを状況から気持ちの変化が起こり、自己評価を正しくできない人も少なくありません。

過大評価をしている人よりは自己評価の低い人の方が復縁し易いのですが自己評価が低すぎても復縁しづらい事もご理解頂かなければなりません。

自己評価の低い人は発言がネガティブになりがちでネガティブな印象はそれだけで一緒にいて楽しくないかも…と思わせてしまいます。

過大評価の人は元恋人に対してポジティブな発言ではなく責める発言をする人が多く、どちらも恋人として見た場合に好ましいものではありませんが、害のないネガティブ発言をしてしまう自己評価の低い方がネガティブで害を与えるのには時間が掛かる為、好ましいと言えます。

しかし、好ましいとは言っても、望まれるレベルではなく、あくまでも過大評価と比較して…というレベルで求められる程度になります。

普通の評価が一番好ましいのですが、別れを告げられた後は過小評価する人と過大評価する人に分かれてしまいます。

過小評価する人は自分の価値を見失ってしまい、自分の魅力に関しても分からなくなってしまう事もあり、復縁活動を行っている最中も迷走期間が長くなってしまいます。

どうすればもう一度振り向いてくれるのか?

どうやって復縁すればいいんだろうか…?

考えれば考える程、自分は魅力がないんだ…と感じてしまい、魅力のない自分が復縁できるのか…と不安が不安を重ねてしまい自己評価は更に低くなってしまいます。

自己評価が低くなればなるほど人から嫌われるのが当たり前だと考える様にもなり、嫌われる自分のイメージが強くなってしまったことで魅力の引き出し方を忘れてしまいます。

人間にはそれぞれに魅力があり、誰しもが魅力となる部分を持ち合わせているのですが失恋のダメージを背負った状態ですと負の連鎖は止める事が出来なくなり、日常生活も何か分からないものに怯える生活に陥る人も出てきます。

失恋のダメージで自己評価を低く見積もってしまっている人は自己評価を正しく戻さなければ元恋人に魅力を感じてもらう事が出来ないのですが、自己評価を正しく戻す事は自分ではなかなか出来ず、『自分なんて…』という言葉が言葉の後に必ずつけられるようになり、自分なんて…と思う気持ちと復縁したい気持ちの間で揺れ動いて悩んでしまいます。

悩む気持ちは分かりますが、悩んでいても復縁に繋がる事はありません。

自分なんて…と思う気持ちがあるなら自己評価を正しく戻す努力をして復縁を目指しましょう。

自己評価が低いあなたが本当に復縁したいと思うなら元恋人を思う気持ちは本物です。

その気持ちを糧に他人の言葉で揺れ動くのではなく自分の気持ちに素直に従う姿勢が大切なのです。

本当に元恋人を思う気持ちがあるなら自分の魅力を信じて下さい。

本当に元恋人を思う気持ちがあるなら元恋人を思う気持ちが本物であると信じて下さい。

今のあなたは自信を失って自分自身を見失っているだけです。

本当のあなたの魅力に気付いてもらえたらきっと魅力を最大限に活かせて、その魅力を元恋人も分かって下さいます。

どんなに別れの言葉が辛かったとしても乗り越えなければ復縁はできません。

あなたの自己評価は今は低いかもしれませんが復縁した後に自分の評価をキチンと上げて元恋人と幸せな日々を送る為に足りない部分に嘆くのではなく足りない部分を埋める努力をしましょう。

繰り返しますが過大評価をしている人よりも自己評価の低い人の方が復縁成功率は高くなっています。

本当に復縁したいなら自分の評価を高く見積もるのではなく低く見積もった復縁活動をした方が元恋人の評価も高くなりますので覚えておいて損はない事です。