自己改善をしっかりと行っていると「自分がどれだけ酷い事をしてきたか良く分かりました。だからこそ、もう心が折れてしまいそうです…」という言葉が絶対に出てきます。

自己改善をしてるつもりの人からは絶対に出て来ない言葉になりますが、真剣に自己改善に取り組んでいる人からは心が折れそうになる時に自分が頑張る理由を考えていただいています。

自覚を持つからこそ、ご自身がなさってきた事にショックを受けてしまうのは当然であり、自分の行動を振り返った時に、こんな自分が復縁できるのだろうか?という疑問を持つのも当然です。

復縁する為の自己改善は簡単ではありませんし、誰かに頼ったとしても結局のところ改善しようとするのは自分ですから、頑張れば頑張るほど、自分のしてきた事に対して自覚を持ち、自分のしてきた事の酷さを理解するのですから復縁を考えてくれるのだろうか?という認識を持つのです。

しかし、自分がいくら酷い事をしたとしても心が折れてしまえば復縁は出来ません。

最終的に復縁する為には心が折れない事が前提となりますし、心が折れてしまえば復縁できる日が来る事はありません。

自分が起こした事が原因で復縁できないのですから心が折れかけるのは分かりますが、心が折れない為には強く復縁に向けた意思が求められるのです。

心が折れない様に取り組む為には元恋人と復縁できる希望と元恋人と復縁したい情熱がなければ復縁成功までこぎつけるのは難しく、言葉だけではなく気持ちを強く持てるからこそ復縁までの困難な道のりを乗り越えられます。

稀に、苦しい自己改善を楽しんでいらっしゃる方もおり、自分がどれだけ酷い事をしてきたかが分かったからこそキチンと変わらないといけなしし、頑張らなければならない!と前向きな発言をされる方も多いのですが、そういった方々は苦しい事が当たり前、頑張る事が当たり前という認識なので一生懸命に復縁に向けて努力が出来ますし、何よりも自分に問題がある事を理解しているので素直でひたむきな姿勢で努力出来、統計を取るとそういった方々の方がキチンと自分に向き合って自己改善を行うので復縁成功率が高いのです。

復縁成功率を少しでもあげたいから頑張ろうとする気持ちがあり、それと同時に復縁だけではなく自分の為にどうにかしたい!という気持ちがあるから復縁に固執した考え方にならず復縁しやすい状況にも繋がります。

自分の酷さを認識した上で、諦めたくないから自分が変わると決意の表れが前向きな行動にも繋がります。

もう心が折れてしまいそうです…と仰る方と変わらなきゃいけない。頑張らなければいけない!と仰る方。

それぞれ復縁したい気持ちは変わりませんが、復縁に懸ける想いが異なります。

心が折れそうだ…という方は過去を見つめるだけで、頑張らなければいけない!という方は未来を見つめ、欲しい未来を手に入れる為の情熱を持っています。

過去を見つめ、失敗と向き合い、イメージした成りたい自分像に近付く為には過去を見つめるだけではなく未来を変える情熱がなければ変えられません。

未来を変える希望や情熱というガソリンがあるからこそ復縁に繋がり、復縁という結果を得るには希望や情熱といった熱い気持ちがあるからガス欠を起こさずに復縁に向けて進むのです。

過去を背負って、過去を糧に歩き続ける情熱がある人だけが、復縁したい!という気持ちを実らせる事が出来、結果にも表れます。

弊社に復縁工作のご依頼をいただいた方から「自己改善は大変だし、元彼に申し訳なさ過ぎて辛いです。でも、元彼には悪いけど、こんなに自分自身の事について考えるのは始めてで、今まで気付けなかった事に気付けて、とても楽しいんです。」という言葉をいただく事は多々あります。

復縁へ取り組む姿勢は人によって異なりますが、よくネットに書かれている様な復縁に執着し過ぎている状態ではなく復縁は二の次という状態が分かると思います。

希望と情熱に溢れた言葉であり、且つ復縁に対する想いは失っていません。

本当に復縁したいなら希望と情熱という名のガソリンを心に与えながら復縁に突き進む姿勢を持つ大切さを失わない様にして下さい。