別れの直後に縋る、罵倒するといった行動を大抵の復縁できない人は行います。

なりふり構わず元恋人と別れない為に出てくる選択肢が縋る行為や罵倒する行為になります。

復縁できない人は別れの直後に取る行動のほとんどが、別れを認めたら二度と復縁できないと思い込んでいる為、縋る、罵倒するといった行動を取るのですが、その選択をするからこそ復縁できない人は復縁できない人であると言っても過言ではありません。

縋る、罵倒するといった行動を取る人は、別れ話の際に誰が原因で別れに至ったのか?を気付いている人になります。

気付いているからこそ、別れを認めてしまえばどうなるか?を知り、別れを認めているからこそ復縁を意識させる事が出来ないと悟り、復縁する前にどうにか別れない様にすれば…と考えるので縋る、罵倒するといった行動をとってしまいます。

別れの直後にとる誤った行動をする人は自分に問題がある事に気付きながら、その部分を見て見ぬふりをするので元恋人は交際時からの流れも含めて別れ話しをしてる最中に更に気持ちが冷めていきます。

受け入れてもらう為に何かをするのではなく、受け入れ拒否をしてもらう為に行動するのが縋る、罵倒といった行動になり、縋る事や罵倒する事で元恋人の気持ちを更に冷めさせて別れの決意を更に固めさせてしまいます。

別れ話を出されたから冷静ではいられなくなったので縋る、罵倒するといった行動を取ってしまった…という方もいらっしゃいますが、冷静ではいられない時ほど人間の本性が表れてしまい、自分に問題がある事が分かっていながらも縋る事や自分に問題がある事が分かっていながらも罵倒する事は元恋人からすれば、この人との交際は…と考えさせてしまうものでもあるのです。

別れ話の直後にとる誤った行動は元恋人が、あなたとの交際を継続出来るかどうかの判断基準から大きく逸れてしまい、それが結果として別れ話をしたのは正解だと考えさせてしまう為、交際の継続が難しい事を露呈してしまいます。

交際の継続が難しい事を露呈するので更に交際は無理だと判断させてしまい、別れ話の際に大抵の方が仰る『変わるから!!』という言葉は元恋人の心に届く事がありません。

別れの直後にとる誤った行動は先々の2人の交際に対する暗雲を更に色濃くし、一条の光も差せない状態を作り出すのですが、全ては自らが招いた事であり、光が差す隙間さえも自らで潰してしまうのです。

別れる時くらいキレイに別れたい…と考える元恋人の気持ちを汲む事が出来ず、やりたいようにやった結果が元恋人の別れの決断となり、別れの決断をした後に更に別れを後押しする様な事をする為、交際の継続は難しいと判断させてしまいます。

あなたが復縁したいなら元恋人の気持ちを考えるのは当然ですが、元恋人から指摘されているあなたの問題点について考えなければなりません。

本当に復縁したいなら何をやるべきか?についてご自身で考えてみては如何でしょうか。