元恋人との別れに至る原因は誰でしょう?

交際は恋人とあなたでするものですから、原因があるとすれば恋人かあなたになります。

そして、元恋人は別れを決断した以上、あなたと交際したくないと考えています。

あなたは元恋人が別れを決断されて復縁したいと考えています。

別れを決断した元恋人が別れの原因を作ったのでしょうか?

別れを決断されたあなたが別れの原因を作ったのでしょうか?

別れの元凶はどちらにあるでしょう?

もしも、あなたが恋人と交際していたくない…と思ったなら、何かが原因で恋人との交際の継続が難しいと判断した事になりますよね?

交際していたくない理由は人それぞれですが、交際していたくない理由を作ったのは恋人になります。

何故なら、別れを告げたくなったのは恋人との交際が難しい何かがあった訳ですから、その何かが原因で別れを告げたのは、あなたでも、原因を作ったのは恋人になります。

そして、その結果、恋人はあなたと復縁したいと考えるかもしれませんが、別れの原因を作ったのは別れを告げた方ではなく、別れを告げられた方になるのです。

別れを告げて別れた結果、別れを告げたにも関わらず復縁したいと言う人もいます。

この場合、別れたいと思わせたのは恋人でしたが、復縁したいと思った段階で、恋人を受け入れられなかった、あなたに別れの原因が出来てしまうのです。

あなたがフッたから別れの原因は恋人だったとしても、復縁したいと願った瞬間に別れの原因を作ったのはあなたになります。

この別れの原因を恋人が原因だと考えていると復縁できる事はなくなるのです。

別れの原因は復縁したいならとても大切な情報であり、別れの原因という大切な情報がなく復縁したいと考える方はとても多いのですが、別れの原因という大切な情報がなければ復縁したくてもどうやって復縁すれば良いのか分からないのです。

別れを告げた恋人が別れの原因を作ったと考えた場合、別れの原因を恋人に改善してもらわなければなりません。

あなたとの交際を望まない恋人が、あなたの為に自分を変えようとするでしょうか?

あなたとの交際を望まないのに、あなたとの関係を築く為に自分を変えるというのはとても矛盾している事だと分かると思います。

別れの原因を作ったのは他でもないあなたなのですから、あなたが恋人との関係を築く為に自分を変えなければ復縁できる事はないのです。

恋人はあなたとの交際が難しいと判断し、あなたとの復縁を望んでいない状態です。

恋人があなたとの交際を望んでおり、どうしてもあなたと交際したいなら恋人は、あなたと交際する為に努力をするのです。

しかし、恋人はあなたとの交際を望んでいません。

あなたとの交際を望んでいないから、あなたは元恋人と復縁したいと考える訳ですから、あなたが本当に復縁したいなら別れの原因を作ったのはあなたであり、あなたが交際の継続が難しいと判断させた元凶である事に気付かなければ、いつまで経っても復縁できる日が来る事はありませんし、恋人があなたを魅力的な異性として見る事もありません。

本当に復縁したいなら別れの原因を作ったのは自分自身である事をシッカリと理解し、別れの原因をシッカリと改善して魅力的な異性として見せなければ本当に大切なパートナーを取り戻す事は出来ませんよね?