復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

気遣いの仕方が分からず彼氏(彼女)を怒らせてしまったり、あなたが気遣いしていると思っていたものが、実は彼氏(彼女)からすれば気遣われていないと感じさせてしまう事もあるので気遣いの仕方を間違えていて彼氏(彼女)に不愉快な想いをさせてしまった結果、突然別れ話をされてしまった…という事も珍しくありません。

思った事や感じた事は何でも言う事や相手に対して正直でいる事は正しい事のように見えて、実は相手に対する配慮が足りていなかったり、あなたの中のルールに相手が合わせてくれているなど、気遣いの主体が何処にあるかを見誤ってしまうとコミュニケーションが大きく失敗する事もあり、気遣いの仕方を理解して頂き、彼氏(彼女)を不愉快にさせてしまっていたかもしれない可能性について考えるキッカケにして頂ければと思います。

以前にTwitterでイモ田にまめさんという方が『簡単に冷やし中華でいいよ。』というtweetをしたのですが、旦那さんとしては料理をするのは大変だろうから楽に作るものでいいよ。と奥様に対して気を遣った発言をしているかと思いますし、旦那さんなりに奥様に負担を掛けたくない気持ちがあったかと思いますが、作るものを旦那さんが限定し、奥様が楽に作れるであろうものとして指定しているのですが、実際に冷やし中華を作る奥様が冷やし中華を簡単に作れるかどうかは別の話しであり、ここに気遣いの仕方の間違いが潜んでいる事を旦那さんは気付いていません。

例えば、奥様にとって冷やし中華を作る事は多大な労力を必要とする場合に『簡単に冷やし中華で良いよ。』の簡単という言葉は成立しません。

旦那さんはもしかしたら料理をあまりした事がないのかもしれませんし、食べる事が簡単に食べられるものという意味で『簡単に冷やし中華で良いよ。』と口にしたのかもしれませんが、作る側の奥様にしてみれば『簡単だって思うなら自分で作れば良いんじゃない?』という想いが出てもおかしくない発言でもあります。

旦那さんの想いは奥様を楽にさせてあげている優しい人間である。という認識ですが、奥様にしてみれば簡単な事すらも自分でやらない旦那さんという印象を残してしまいますから、どちらが正しいか?と言えば、どちらも間違っているとは言えませんが、少なくとも楽をさせてあげていると思い込んでいれば奥様の気持ちに気付く事はありません。

相手を気遣いたいなら、気遣う内容の主体を相手にしなければなりませんし、冷やし中華=簡単という旦那さんの価値観で判断していれば相手の価値観との違いが発生し、気遣いをしたつもりでも相手にとっては気遣われてるどころか全く気を遣われていないと捉えてしまう事もあるのです。

この例では『簡単に冷やし中華で良いよ。』ではなく、『簡単に作れるもので良いよ。』と、冷やし中華の一言が無ければ奥様も引っ掛かる事なく料理を作って下さったかもしれませんが、何かしらを指定しておいて、指定したものは簡単でしょ!という価値観を押し付けた会話の仕方をしているので誤解を生んでしまい気遣いが全く異なる捉え方となってしまっています。

たった一言が気遣いを気遣いではなくしてしまう事もありますし、たった一言で相手を不愉快にさせる事は人間同士のコミュニケーションの中では存在するので相手を気遣うなら言葉の一言、二言に気を付けて発信するようにしなければなりません。

旦那さんも奥様も相手を思い遣る気持ちが無い訳ではなく、相手を思い遣るからこそ間違った伝わり方をしてしまう事もあり、間違った伝わり方をした時にキチンと誤解を解けるかどうかもコミュニケーションを取る上で大切な事ですから、本当に相手の事を思うなら気遣いの仕方を間違えなければなりませんし、関係が壊れてしまった原因の一つに価値観の違いを彼氏(彼女)から言われた時は、あなたの気遣いの仕方についても振り返ってみるのも復縁方法にはあると思います。