元恋人に執着しすぎて、手放すことができないなんてことはありませんか?

心当たりがある方も多いと思います。

例え別れてしまったとしても、元恋人のことを好きな気持ちには中々終わりがないものですよね。

よく「別れた元恋人に対して執着をしている」というのを耳にします。

その時自分の中では、元恋人に対する並々ならぬ”こだわり”が生まれているのです。

この”こだわり”とは、実は元恋人に対して思っているのではありません。

恋人との関係性で「こうなってほしい」という、元恋人との関係に対しての期待や希望が生まれているのです。

つまり「元恋人に対する欲求こそが執着」となるのです。

執着がある状態というのは、自分自身の中で「復縁したらこうなりたい」それと逆で「望むようにならなければ苦しい」という「自分が望む状態」と「それが叶っていない現状」との間で、葛藤と苦しみが起きています。

失恋したとはいえ、元恋人を愛する心はそのまま持っていて構いません。

誰かを想う純粋な気持ちや愛情は、それ自体が自分の中から溢れる美しい想いです。

だからこそ、無理矢理忘れる必要はありません。

誰しも別れた後には心残りがあり、簡単に割り切ることなどできないですよね。

復縁したいと思っていても執着してしまっていては、復縁が遠ざかってしまいます。

別れてから復縁の間の期間は、元恋人が自分との嫌な出来事を忘れるために必要な時間であり、自分自身が元恋人への執着を手放すために必要な時間です。

もし、自分が元恋人への執着を手放すことができれば、元恋人は高い確率で自分の元に戻って来ます。

復縁を成功させるためには「元恋人への執着を手放す」ということが大事です。

今回は、復縁と執着について考えてみたいと思います。是非参考にしていただいて、執着を手放し復縁を叶えてください。

現状では、元恋人が自分に対して振り向いてくれていない・・・

今は、元恋人が自分に対して連絡を取ったり、興味を持ったりしてくれない・・・

このような「元恋人と実際の交流のない状態」や「元恋人が自分のことを考えていない状態」が、自分にとっては苦しみなのです。

なぜなら「好きな人に振り向いて欲しい」「かまってほしい」「注目して欲しい」という気持ちは、持って当然の気持ちだからですね。

だからこそ、沢山の相手に対する欲求が生まれます。

純粋な愛ではなく「こうしてほしい」という強い欲求!

”これが執着です”

これを打開するためには、少し苦しいですが、この現状を認めてあげることが大切です。

自分は元恋人に振り向いて欲しいと思っている。

けれども、それが叶っていない今の状態がある。

ここで、自分の愛を捨てる必要はありません。

自分の純粋な気持ちはそのままにして「今は元恋人が振り向いてくれない状態なんだな」ということを認めてください。

今、元恋人がどのような状態にいたいのかどうかという事を、そのまま認めてあげましょう。

これも大切な愛の一つです。

愛とはただ、ありのままの相手を認めることでもあります。

元恋人が「自由にしていたい」と、思う気持ちを無理矢理ねじ曲げようとするのは”支配”です。

元恋人を自分の思い通りにさせようとコントロールするのではなく、ただ今の元恋人をありのまま認めてあげてください。

実はこれをしてあげると、現実が変わってくるのです。

人は執着=強い欲求を持ってしまうとき、必ずその下に、たくさんのマイナスの思いを抱えています。

もう誰とも付き合えないんじゃないかという心配や、これ以上の相手にはきっと出会えないという不安、見捨てないでほしいという切実な悲しみなど・・・

けれども、これらを超えて、相手が相手のままでいることを認めてあげること。

この時、実は初めて二人の課題がクリアできるのです。

復縁活動を考え始めた相談者の中で「心のどこかで自分の事が今も好きでいてくれていると都合よく解釈してしま、復縁も直ぐ出来ると勘違いしてしまっている方」が、いらっしゃいます。

復縁したいという気持ちが強ければ強い程、連絡を取る事を考えしまいますが、まず分かって欲しいのは別れを告げられた場合は、元恋人は自分と正反対の気持ちを抱いているということです。

自分中心の考えで直ぐにメール(LINE)を送る等の連絡をしてはいけません。

最悪なケースは「あんな事をして悪かったです。許して下さい。ごめんなさい。貴方と居れた時間は本当に幸せでした。感謝しています。出来る事ならもう一度やり直す事は出来ませんか?」と、このような内容の復縁を懇願するなどのメール(LINE)を送ってしまうことです。

元恋人の気持ちは自分が思っている以上に冷めています。

何かの返信があればまだ救いはありますが、殆どは無視(スルー)か場合によっては着信拒否(ブロック)されることだってあるかもしれません。

元恋人からしたら「何も分かってないなこの人は」と鬱陶しく思えてしまいます。

つまり、どんな理由で別れたにせよ、元恋人は自分の嫌なイメージが残っているのです。

その気持ちが簡単に変わると言う事はありません。

メール(LINE)で謝りの連絡を入れたところで元恋人の気持ちが変わることはまずないのです。

あなたの置かれている状況はただの喧嘩ではなく”別れ”という事をしっかり認識してください。

何もしないで気持ちを伝えても元恋人には何も響かないという事を忘れないようにしましょう。

例え連絡が来ても付き合ってた頃のように頻繁な連絡は取ろうとするのはやめてください。

元恋人とは、まだ赤の他人です。

少し連絡を取ったあとは、元恋人のことはあまり気にせず「仕事・勉学・趣味」等に、目標を決めて一生懸命頑張る事をオススメします。

その頑張っている姿をSNS(Twitter,Facebook)等で、元恋人に知ってもらうことができたら、元恋人も自分に対して好印象を自然と芽生えてくるでしょう。

それが復縁へのキッカケとなるのです。

復縁は焦ってはいけません。

相手に対して執着してもいけません。

復縁(元恋人)に執着していると大切な元恋人が遠ざかります。

復縁(元恋人)への執着心を手放すと大切な元恋人を引き寄せます。

それが復縁に繋がるということを肝に銘じて復縁活動に力を入れましょう。