復縁する為に参考にするブログを見る機会が多々ありますが、参考にならない事が書かれている復縁ブログを良く見かけます。

例えば、復縁lineを送る際には元彼(元彼女)のメリットになる事を送りましょう。

返信しないと損をする!と思わせる内容を送り、返信をもらえる様にする事が復縁lineを送る時のテクニック。

と書かれている復縁ブログを見かける事があります。

復縁屋は復縁させる為に素人がブログに書く下心を伝えてしまうテクニックを否定します。

下心は元彼(元彼女)に伝わり、下心を隠しているつもりでも元彼(元彼女)には下心が丸見えのテクニックを使えば復縁出来ないどころか人間性を疑われてしまう事もあります。

lineを送る時に下心を見破られれば復縁できない事を理解しなければなりません。

下心が見えるlineは復縁する為のテクニックとは言えません。

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

元彼(元彼女)が求める知らない情報を与えて、情報を知りたいならlineしなければ教えてあげない。

下心が見えるlineを送れば性格の悪い人になってしまう事はお分かりでしょうか?

『返信してもらおうとして送って来たな…』という事が伝わってしまい、返信をもらう為にlineを送ってきた下心が丸見えです。

復縁したい下心が込められたlineを送れば元彼(元彼女)に下心は伝わり、下心を持ったメッセージは元彼(元彼女)に拒否されます。

自分に置き換えて考えて、『教えて欲しい?返事したら教えてあげるよ。返事くれなきゃ損するよ。』という下心が込められたメッセージをもらって嬉しいですか?

何かを狙っている下心が見えるlineをもらって気付かない人はいません。

下心が見えるlineを送れば復縁できなくなる可能性もあり、復縁する為のテクニックとは言えません。

下心が込められていれば返事をしようかな?と天邪鬼になる人もいます。

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

下心が込められたメッセージをもらえば、わざと返事をしない天邪鬼な人も中にはいます。

損か得かで判断した際に、元彼(元彼女)はあなたとlineのやり取りをする事全体を考えて損か得かを判断すると考えなければなりません。

あなたとlineのやり取りをするメリットは、何かの情報を教えてあげるといった情報の有無ではなく、あなたとlineをして楽しいかどうか?で判断します。

あなたとlineのやり取りをする際に復縁を考えさせられる…と煩わしさを感じさせてしまえば情報の得よりも、lineをして損をすると考えさせてしまう為、下心が込められたlineを送る際は十分にご注意下さい。

下心を使うテクニックを推奨する復縁ブログは復縁できないブログです

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

下心を使ったテクニックを推奨する復縁ブログを読んでも復縁できない事が分かります。

何故なら根本的に人の気持ちを理解しておらず、人の気持ちを理解してない為、元彼(元彼女)の気持ちを逆撫でする可能性も高く、元彼(元彼女)を逆撫でする方法をテクニックと呼ぶ復縁ブログを読んでも復縁できる訳がありません。

元彼(元彼女)が返信したいと思うメッセージは下心が一切なく、やり取りが楽しいと思うメッセージになります。

例えば、別れた相手に復縁したいとlineを送れば断る理由を書かなければならない為、元彼(元彼女)は返信しづらくなります。

同様に返信すれば得がありますよ。というlineを送れば元彼(元彼女)に返信しなきゃ教えてくれないんだよな。ちょっとめんどくさい人という悪い印象を別れた後に与えてしまいます。

ちょっとめんどくさい人という印象を与えてしまう下心を使うテクニックを推奨する復縁ブログは復縁できないブログと呼ばれています。

下心は隠すからこそやり取りを楽しめる

大切な人ともう一度復縁屋・復縁工作のジースタイル

一般的な会話と仕事の会話を比べてみましょう。

仕事の会話は仕事を成功させたいという下心があって会話しますが、友達と話す時には損か得かを考えるのではなく純粋に会話を楽しんでいるからこそ会話が楽しいとなりませんか?

他人が聞いていれば無駄な会話も友人同士で交わす会話なので損得勘定をする会話ではなく純粋に会話を楽しむから楽しい会話になります。

損得勘定がないから会話を楽しめるのですから復縁したい下心を隠す会話が元彼(元彼女)とやり取りをする秘訣であり、会話ではなく言葉で下心を否定するのではなく会話で下心を隠す話術が求められます。