元彼に新しい恋人がいる事を知ってしまったら『復縁したい!』という言葉を出す事すら出来なくなります。

もちろん言論の自由という観点から言えば『復縁したい!』と口にする事自体は問題ありませんが、復縁は憲法や法律を守るから出来るものではなく人の気持ちの問題ですから『付き合ってる人がいるのを分かってるのに復縁しようって言ってるの?』と元彼から捉えられます。

元彼に新しい彼女がいる事を知ってしまえば『復縁したい!』と伝える事も出来ず、気持ちを伝える伝えないに限らず、少しづつ疎遠になっていく事も考えられます。

新しい彼女と別れるのを待ったところで彼女と別れても復縁できる事はありません。

『今の彼女と別れれば自分の良さに気付いてもらえると思うんです!』と口にする相談者も中にはいますが、『あなたの良さに気付いてもらえないから別れたんですよ。』とお伝えしています。

別れたにも関わらず自分を過大評価し、別の女性と付き合えば自分の良さに気付いてもらえる!と考える人は多いのですが、現実を見れば別れて復縁を望んでいるのは元彼ではないのです。

交際時に『別れたくない!!』と何度も元彼から口にされたかもしれませんが、交際は既に終わっているのです。

そして、交際が終わった時から時間は経過していますし、過去の時間に捉われて前に進んでいないので女性としての魅力に欠けてしまい、女性としての魅力が元彼から見てあまり感じられないので復縁できていない訳ですし、新しい彼女の魅力に元彼は惹かれているのです。

『元彼に新しい彼女がいるんですけど復縁したいんです。どうすればいいですか?』というご相談は大変多く頂くのですが、『元彼は新しい彼女の魅力に惹かれているのですから、相談者に惹かれる事は新しい彼女と交際している以上ありません。』とお伝えしています。

普通に考えて付き合っている人がいるなら復縁は無理ですよね?

元彼に新しい彼女がいるなら復縁って無理だと思いませんか?

復縁についての考え方が特殊なら復縁できると言えますが、復縁屋が考える復縁とはセフレや二股の関係を指しません。

しかし、元彼に新しい彼女がいても『復縁したい!』と口にする女性はセフレや二股でも構わないから復縁したいと口にしているのと変わりません。

本人がそれでも構わないと仰るなら止めはしませんが、セフレや二股でも構わないと考えているなら、そのまま元彼に伝えれば良いんじゃないかな?と思います。

『セフレや浮気相手で構わないから復縁しよう!』と言えば都合の良い女性になる訳ですし、自分の立ち位置がセフレや浮気相手で構わないなら、新しい彼女がいても受け入れてもらえるかもしれません。

もちろん、それでも断られる時もありますが、断られて初めておかしな事を言っていると気付けるかもしれませんし、おかしな事を口にしていれば復縁できる訳がない事にも気付くかもしれません。

『元彼の本命の彼女になりたい』と思うなら新しい彼女は邪魔ですよね?

元彼の本命の彼女になりたいなら、新しい彼女の存在が復縁にはネックになりますよね?

新しい彼女がいれば本命になる事はありませんし、本命になって復縁したいなら抱えている問題は何があるでしょうか?

単純に考えて頂いて新しい彼女がいれば本命の彼女になる事はありません。

本命の彼女になるには新しい彼女が邪魔であり問題なのです。

問題を解決しなければ先に進める事はなく、問題を解決するには別れさせる以外にないのです。

本命の彼女になる為に新しい彼女から略奪するか、別れさせ工作等で別れさせる以外に復縁を叶える方法はなく、元彼が復縁してくれない以上、略奪は出来ない訳ですから、復縁したいなら別れさせる以外に方法はない事に気付かなければなりません。

略奪するなら新しい彼女よりも魅力的な女性にならなければなりません。

『新しい彼女よりも魅力的な女性にならなければなりませんね?』と伝えると『どうやって魅力的な女性になれば良いですか?』と相談者は仰います。

人によって好みのタイプはそれぞれですし、元彼にとっての魅力的な女性は復縁屋よりも相談者の方が分かっていなければおかしいのですが、復縁屋に質問している時点で、その相談者が元彼にとって魅力的になれる訳がないのです。

復縁屋の相談員の好みの女性のタイプを相談者が知ったところで意味がありません。

元彼にとって魅力的な女性にならなければ略奪は出来ないのです。

元彼にとって魅力的な女性とは、どんな女性を指すのか?を知りたければ復縁屋は相談者から調査の依頼を承らなければ答えようがありません。

『略奪出来る自信がありません。』と仰る女性相談者達

略奪できる自信がないから『新しい彼女と別れるまで待ってみます』と口にします。

待ってみたところで略奪できる自信がない女性なのですから、元彼と新しい彼女が別れたところで振り向いてくれる事はありません。

振り向いてくれない事に薄々気付いていても新しい彼女と別れるまで待つのですから、待っている時間も無駄になりますし待っても待たなくても結果は何も変わりません。

結果で言えば元彼に新しい彼女が出来て、略奪できる自信もなく自分で何か出来る事と言えば待つ事だと考える人が元彼と復縁できる事はないのです。

女性相談者から『略奪できる自信はないし別れさせ工作の依頼をするお金はありません!』と言われた時に『待ってみれば良いと思いますよ』という言葉は復縁を諦めるんですね。という言葉と変わりません。

新しい彼女と別れたら別の女性を探すと考えない女性相談者は多い

新しい彼女と別れるのを待って、実際に別れたけど相談者の元には戻ってこないケースは山ほどあります。というよりも戻ってきたケースは一握りです。

新しい彼女と別れるまで待つだけで、時間を無駄に経過させ、時間を無駄に経過させて何も努力してないのですから戻ってくるはずがありません。

女性相談者は自分では自分磨きをしているつもりになっていても、元彼からしてみれば、ただ待つだけの女性に魅力を感じず、異性としての魅力に欠けている為、復縁を考えるのではなく別の女性を探します。

新しい彼女と別れた事を知って『彼女と別れたなら復縁しようよ!』と伝えても『別れたばっかりで恋愛に疲れたから当分は恋愛はいいや』と言われて断られます。

そして、元彼の言葉を信じて復縁できる日を夢見て待っていたら元彼に別の彼女が出来てしまい、また別れるのを待たなければなりません。

待っても待っても振り向いてくれない元彼との復縁を諦める様になり、そこで初めて復縁を諦めるのですから時間を無駄にしてしまいます。

復縁を諦めるまでの予測を経験上、復縁屋は出来るのですが女性相談者には分かりません。

元彼に新しい彼女が出来ても都合良く考えるので復縁できない女性相談者

元彼に新しい彼女が出来ても都合良く考えるので復縁できないのですが、女性相談者達は、都合良く考えている事に気付きません。

都合良く考えている事に気付かないのですから復縁は到底無理な話しになり、都合良く考えるので自分の都合の良い復縁に向けた努力も積み重ねます。

別れを告げられて別の女性と交際してるにも関わらず、自分の元に帰って来るのでは?と都合良く考えます。

本当に返って来ると信じているなら復縁屋に相談する必要はありませんし、信じていれば良いはずですが、不安があるので復縁屋に相談しているのですから矛盾しています。

都合良く考えているから実際の行動との矛盾に気付かず、あり得ない事も自分の都合の良い様に考えてしまいます。

元彼に新しい彼女が出来ても都合良く考える女性相談者は交際時にも都合良い考えで元彼に接していたので別れを告げられたであろう事も分かります。

元彼に新しい彼女が出来ると復縁占いをする共通点が女性相談者にはある。

元彼に新しい彼女が出来ると復縁占いをする共通点が女性相談者にはあります。

他力本願で復縁しようと考えるから復縁占いに頼るのですが、他力本願の復縁占いをして解決出来る事はありません。

占い師から『今の元彼と新しい彼女はその内別れるよ』と言われ、別れた後に戻って来るから自分磨きをしろと言われ、自分磨きに励みます。

自分磨きをしたところで元彼は新しい彼女と別れた後に別の女性を探す事になるのですが、占い師はそこまで分からない為、占い師に頼ったところで望んだ結果になる事はありません。

元彼に新しい彼女が出来ると復縁占いをする共通点が女性相談者にはありますが、復縁占いに頼ると末期状態にある事を女性相談者は気付きません。

元彼に新しい彼女が出来て復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例

元彼に新しい彼女が出来てしまい、別れさせ屋を探した依頼者Aは復縁工作も兼ねた別れさせ工作を望み、ご契約いただく事となりました。

新しい彼女を別れさせる為に別れさせ工作を進めていき、別れさせ工作の方法次第で復縁工作の方法も変えるご提案をさせて頂きました。

Aから情報をいただき、別れさせる為に何をすれば良いのか?を細かく打ち合わせしていき、復縁工作に繋げる別れさせ工作をご提案させて頂きました。

新しい彼女に工作員を接触させ、別れさせ工作を進めていきました。

対象者から元彼の話しを聞き出し、聞き出した内容を元に別れさせる様に心理誘導を進めていき、対象者と元彼との距離を少しづつ引き離す様に仕向けました。

復縁工作を行う為に方法にもこだわりながら進めていきましたが、対象者達の別れさせ方をこだわって進めた為、復縁工作もやり易くなり、元彼に工作員を接触して新しい彼女と別れさせた後にAの存在を容易に後押しできる形を取れました。

Aの話しを引き出す前に新しい彼女との事を聞きだし、Aとの比較をさせると最初は新しい彼女に対しての想いが残っていた為、Aよりも新しい彼女の方に食いついていましたが、工作員の心理誘導で新しい彼女よりもAとの思い出が良く映り、復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。