復縁したいと考えているのであれば、復縁する為にはまず何をしなければならないのか?何が必要なのか?という事を真剣に考えて下さい。

ただやみくもに復縁したい相手に対して、自分の復縁したい想いだけを伝えたところで復縁したい相手の心に響くことはありません。

復縁を望む人に真剣に熟考して頂きたい事は、人というのは全く同じ考えではなく同じ人というのは存在しないということです。

ですので、相手と100%分かり合える、理解し合えるという事はとても難しいのです。自分の考えや主張というものがありますので、意見の相違というのは当たり前なのです。

では、相手と理解しあう為には何をしなければいけないのか?と考えると、相手の事を考えるという事、相手を思い遣る心を持つという事になると思います。

相手を思い遣るといっても簡単にできるようで、非常に難しいものです。優しいというだけが思いやりではありません。一般的に優しいと言われる人は沢山います。付き合い当初はみんな優しいといわれるのです。

交際が続くと、実際に本当にこちらのことを考えてくれているか?というような疑問が出てくる人は沢山います。これは、「思い遣りがないのでは?」と感じたことで考えてしまうわけです。

人によって、優しさの基準がちがうわけで、思い遣る事と優しいということはイコールではないのです。

例え、優しい言葉や親切な言葉を相手に投げかけたとしても、実際にその相手の手助けや、面倒を見たりする事がないのです。無責任な発言をし、言動と行動が伴なっておらず、逆に気持ちが感じられない発言を繰り返したり、自分自身がそうすることに罪悪感を抱くこともないのです。

交際相手と別れてしまった、という事は相手に対する思い遣りという点において欠落していた事が十分考えられます。この部分について理解し、本気で改善しなければ復縁可能性すらないのでは?ですのでとても重要な事になります。

基本的に、思いやりに欠ける人は、周りの状況に無関心で自分にしか関心がないことが多く、人の気持ちや人の痛みがわかっていない事が大半です。

人の気持ちを考えない、痛みをわからない人に、思い遣れといったところでできません。このような人は無意識の内に、恋人、あるいは周囲の人達から、思い遣りが欠落している人だと判断されるような行動や言動をしていることに気づいていません。

相手が何か困っている事があったとしても、自分が率先して、助言や行動する事をしようとせずに、結局、相手が問題を解決するものと、人任せにしておくというような事があります。

相手の為に何かチカラになれる事がないのか?さえも考えようとはしないのです。自分が付き合っている相手にさえ気遣いができないような人が、他人に対してそのような行動などとれるわけがありません。

得てしてこのような思考の人は、何か自分が不満に思うことや不都合に感じることがあれば、人一倍相手を責める文句を言いたいタイプともいえます。

相手を思い遣ると言うことは、「相手の意見に真摯に耳を傾ける」真剣に話を聞くことによって、相手の伝えたい事を理解しようとします。これこそが第一歩です。相手が望む事、あるいは望まない事、好きな事、嫌な事など、真摯に耳を傾けることで、相手の事を知る事ができるのです。

復縁したいと本気で考えている人は、まずは自己優先の考えは捨てる事です。相手の事を考えることができる人こそ、思い遣りのある人だということを認識していただければと思います。