復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁に限らず何事も他人のせいにして何かが変わる事も何かを得られる事もありません。

自分が何かをしたから結果が変わり、未来も変わるので他人のせいにしている時間があるなら自分が努力する時間に使った方が有効活用出来ます。

勉強の成績が悪いのは先生の教え方が悪いのでしょうか?

テストで自分より良い点数を取る人を憎んでも点数が良くなることはありません。

スポーツをする時も如何にライバルの足を引っ張れば良いか?を考えても自分の成長には繋がりません。

復縁を望む時に『元彼(元彼女)が…』と口にする人は多いのですが元恋人が何をしていようと別れを告げられて復縁したいと思っているのはあなたですから、元恋人の事を責めるのではなく自分が元恋人から好かれる様に努力出来なければ復縁は出来ないのです。

復縁相談をいただく際に、相談者自身が復縁したいと願っているはずなのに元恋人が別れを告げた事が問題であるかの様に話す人は少なくありません。

自分に問題があって自分に問題があるから別れを告げられたという考え方でなければ元恋人が、あなたの魅力的な部分に気付いてくれる事はないのです。

元恋人はあなたとの交際の継続に問題があると考えたので『別れたい』という考えに至りました。

元恋人が元恋人に問題があるから『別れたい』という考えに至る事はありませんし、あなたとの交際を継続させるのは難しいと判断したから別れを意識した事が分からない人が『元彼(元彼女)が…』と口にします。

自分に問題があると考えている人が『元彼(元彼女)が…』と口にする事はありませんし、考え方が根本的に間違っているので出てくる言葉は復縁できる人が発する言葉と変わってきます。

自分の問題を棚に上げて他人の問題を指摘する様な人が誰から好かれるのか?という事は誰しもが知っている事ですが、誰しもが知っている事を行動に移してしまうのが元恋人のせいにして好かれる行動ではなく嫌われる行動を無意識の内にしている人達になります。

無意識の内に端々に他人のせいにしている言葉が出てしまいます。

自分では他人のせいにしていないつもりでも、聞いている人が聞けば他人のせいにしているだけで自分は悪くない!と肯定する言葉が出てしまうのですが、元恋人にもそれが出てしまい復縁を考えてもらう事が出来ないのです。

そして、無意識の内に他人のせいにしている言葉が出てしまう人が復縁活動を一生懸命している!と思えば思うほど、自分はこんなに頑張ってるのに…という気持ちが芽生えます。

もちろん本人はそれすらも無意識なので他人のせいにする言動や行動が更に悪化していく事に気付きません。

他人のせいにしている事に気付かないのですが、無意識の内にしている行動や言動の為、誰かに少し指摘された位では気付きません。

誰かに少し指摘された位で気付かないのですから直そうと思って簡単に直せるものではなく、復縁活動は復縁する為の活動ではなくなり、自分が満足するだけの活動になってしまうのです。

他人のせいにする人は考え方が復縁したい人の考え方ではなく、自分を肯定してくれる人を求める考え方になります。

人間は失敗をする生き物ですが、失敗を糧にして成長出来るのも人間であり、失敗を成長の糧として捉えるのではなく失敗を成功だと考える考え方なので人間的な成長自体が出来ません。

何年も何十年も失敗を成功させる為の糧として捉える考え方をしていないので成長する機会はあっても成長する機会を失っているから本当に大切な人が表れた時に交際してお互いに成長しよう!という事が出来ず見切りをつけられてしまいます。

そして別れを告げられて復縁したいのはあなたであり、あなたの成長が復縁への可能性を秘めているにも係わらず、あなた自身が自分を成長させる事に後ろ向きな考え方をしています。

成長する事を望んでいると口にしても実際は成長する事を拒んでいる行動や言動をしているのですから元恋人から魅力を感じてもらえないのは当然です。

他人のせいにする人が成長する事はありませんし、別れた原因を元恋人のせいにする言葉を発する人に復縁できる事はありません。

本当に復縁したいなら他人のせいにするのではなく自分自身に問題がある事に気付かなければ復縁できる日が来る事はないとご理解ください。