復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁に限らず人間関係を円滑に進めるには人の気持ちを理解しようとする姿勢が必要であり、人の気持ちを理解しようとする姿勢があって初めて他人との良好な関係を築く事が出来ます。

人の気持ちを双方で理解しようと努めるのでお互いに良好な関係を築ける様になるのですが、逆を言えばどちらかが気持ちを理解しようとしなければ人間関係を構築するのは難しくなるのですが、復縁相談者様は他人の気持ちを理解しようとする姿勢ではなく、相談者様の気持ちを理解してもらおうとする姿勢が強いので、恋人に見透かされてしまい、恋人も別れた後は相談者様の気持ちを理解しようとはしないので、お互いにお互いの気持ちを理解しようとしない関係なので復縁が難しくなるのです。

本来なら相談者様は恋人の気持ちを汲んで、もう一度交際相手として見てもらおうとする姿勢がなければ復縁どころか友人関係に戻る事も厳しいと思いますが、友人関係にも戻れないような復縁活動をしている状態で『復縁したい!!』と仰るので、他人の気持ちを考える事の大切さを相談者様には切々と説かせて頂いています。

復縁屋が、他人の気持ちを考える事の大切さを相談者様にお伝えするのは、明らかに人の気持ちを考えていないであろう姿勢が強く、自分の事ばかりを優先して考えている行動が目に余るので、本当に復縁したいならもう少し恋人の気持ちを考えてみては?と復縁する為に必要な事としてアドバイスしているのですが、人の気持ちを考えない相談者様にはそれが分からず、相談者様の中にはお説教をされている!!!と認識する相談者様もいらっしゃるので、全く赤の他人の復縁屋に復縁相談をして、アドバイスに耳を傾けられない相談者様に恋人の気持ちを理解しようとする姿勢があるとは到底思えませんし、恋人には交際していたという甘えから気持ちを理解しようとしなくても、恋人なら分かってくれている!という都合の良い解釈で接しようとするので別れを告げられますし、復縁できる見込みがない事もご相談を承っていて気付くのです。

人の気持ちを理解しようとする姿勢が見えない相談者様に恋人が心を許して、相談者様の事を魅力的な異性だな!!と感じる事ってあるでしょうか?

知り合いだから甘える気持ちは分かりますが、知り合いだからこそ甘えてはいけない事を考えなければならないのが復縁活動でもあり、復縁したいのに、恋人の気持ちを理解しようとせずに相談者様の気持ちを理解してもらおうとする姿勢は大人ではなく子供の考えそのものになります。

子供は大人に『なんで僕(私)の気持ちを分かってくれないんだ!!!』と、自分の気持ちを押し付ける様に話しをしますし、自分の気持ちを押し付けて、大人の気持ちを考えないので親であれば子供を諭しますし、赤の他人の大人は『なんだあの子供は…親の躾がされてないな…親の顔が見てみたい…』と呆れて、諭す事すらしません。

諭す事すら放棄されるのが赤の他人という関係であり、赤の他人は一瞬は関心を持ってくれても関心を持ってくれるのは一瞬で、その後は無関心になります。

無関心な相手に大人は優しくしませんし、無関心な相手に大人は手を差し延べません。

他人の気持ちを理解しようとしない相談者様がしている相談者様の気持ちを分かって欲しい!!他人の気持ちを理解しようとはしない!!という姿勢は異性から魅力的に映るどころか他人から無関心になられてしまう行動でもあるのです。

他人の気持ちを理解しようとする姿勢は復縁に限らず人間関係を構築する上で絶対に必要な事であり、恋人の気持ちだけ理解しようとしても恋人の気持ちを理解する事など出来ない事を忘れてはいけないのです。

誰に対しても普段から他人の気持ちを理解する姿勢を示すから恋人の気持ちを理解するように行動する癖がつきますし、誰に対しても他人の気持ちを理解しようとする姿勢をみせられない人が恋人の気持ちを理解出来る事はありませんし、他人の気持ちを理解する姿勢がないので実際に最愛の人から別れを告げられ、復縁したい…と悩まなければならない状況に陥り、それでも恋人の気持ちを理解しようとする姿勢がないので、恋人の気持ちを汲み取る事が出来ず、いつまでも復縁出来ない…と悩まなければならないのです。

赤の他人の子供のような考え方で復縁活動をしたところで復縁を考えさせる事は出来ませんし、子供の考え方のままいつまでも成長しないので共に人生を歩む存在として見られていない事にも気付かなければならないのです。

本当に復縁したいなら人間としての成長を必要とするのが復縁なのですから、子供の考え方から脱却して大人の考え方を学び、他人の気持ちを理解しようとする姿勢が持てる大人を目指さなければなりません。