セコイ男は嫌われる。という言葉を耳にした事はありますか?

どこかで聞いた事があるかもしれない言葉かもしれませんが、復縁を目指すにしても『セコイ男は嫌われる』という行動をしているにも関わらず本人は全く気付いていない方もいらっしゃいます。

別れ際に『今までに使ったデート代を返せ!!』といった言動や『今までプレゼントした物を返せ!!』といった言動等、完全に別れた後に『あの時の言葉は反省してる。自分はおかしかった…』と反省の言葉を口にしますが、セコさが滲み出ており、嫌われる原因に気付いていないセコい男性が多いのです。

彼女に『復縁したい』と言いながら、『復縁してくれないなら…復縁してくれるなら…』と対等の立場で交渉して復縁する為の条件を出します。

セコさが原因で別れを決断した女性にしてみれば『コイツ本当にセコいな…』と更に悪い印象を与えてしまい、復縁とは真逆の方向に進んでしまいます。

セコイ男性が復縁できない理由の最大の原因は自分がセコイ事に気付いていない事であり、セコイ事に気付いてない男性に『あなたセコイですよ』と誰かがアドバイスをしても聞き入れる事がありません。

男性は自分を大きく見せようとする習性があり、自分がセコイと思いたくない男性が多い為、自分のセコさを認識出来ない男性が多く、他人から指摘されると素直に聞き入れられない事もあり、問題が分かっていながらも問題を改善させる事が出来ない為、復縁できない結果に繋がるのです。

セコさに付き合っている当時から気付く女性は多く、女性は自分を大切にしてもらえていると考える際に様々な要素を全部加味して大切さに気付きます。

もちろん金銭的な問題だけではないのですが、付き合っている当時からセコさを感じている状態で別れてからもセコさを感じてしまう男性に魅力を感じる女性は少ないのです。

別れた後もセコイ言動や行動を繰り返して、元カノに「あの男と復縁するのはないわ~」と更に嫌われてる事に気付かない男性は自分が嫌われている事に気付きません。

セコい男性と自分では思いたくないかもしれませんが、あなたがフラれた原因がセコいから…という理由なら、元カノは『あなたがセコいから別れたいと思った』とは絶対に言わないので別れの原因にもいつまでも気付きません。

セコイ男が復縁屋に『復縁したいです!!』と相談すると…?

復縁したい

セコイ男性から復縁屋に『復縁したいです!!』と相談が来ると、自分がセコイ事に気付いていない男性がほとんどです。

自分で問題点に気付けない為、セコイ部分を改善する為のサポートを提案すれば『幾ら掛かりますか?』とお金の事ばかりを考えます。

お金は確かに大切な物ですが、お金以上に大切な人がいる事に気付かず、お金と元カノを天秤に掛けます。

セコイ男性から復縁相談を頂いていて、『あーこの人は元カノよりもお金の方が大切なんだな…』と初めて話しただけにも関わらずセコさに気付きます。

セコイ男性は元カノにした事を元カノが喜ぶから自分の意思でした事に値打ちを付ける言動や行動をとります。

アドバイスをしてもセコさに気付けないのですから復縁屋としても手の施しようがないのです。

復縁工作の依頼を請けたところでセコい男性はセコさが直らなければ失敗する事が目に浮かびますのでセコい男性からのご依頼はお断りさせて頂くケースがほとんどです。

セコい男性の多くは『復縁できるなら何でもします!でも無料相談の範疇でお願いします!!』と仰いますが、無料相談で対応出来る事は『セコい性格を直して下さい』とアドバイスする以外ににないのです。

『セコイ』というのはお金についてのセコさだけではありません。

復縁という名の明るい目を出したいなら

セコイ男性はお金の事だけをセコイと考えます。

セコさは金銭的なセコさ以外にも滲み出るのですが、セコイ男性は金銭的以外のセコさに気付く事が出来ません。

セコイ男性は自分のセコさに気付かないで金銭的な部分だけで賄おうとするので人間的な部分でマイナス要素を滲み出してしまいます。

元を取ろうとする考え方等から金銭的な負担をした!と他人に『お金を出している。お金を貸している。』と触れ回り、元を取ろうとするセコさが更に元カノから嫌われる事に気付きません。

セコいから嫌われる自分の問題に『お金を出しているからセコくないでしょ?』と周りに吹聴する為、セコさが更にアピールされ、根本的なセコイ考え方が災いして別れを告げられた事に気付かないので復縁できません。

お金のセコさだけではなく、元々の考え方に大きな問題があり、元カノはセコい男性と付き合いたくないと思うから別れを告げるのです。

考え方を根本的に改善しなければ元カノが復縁したいと思ってくれる事はないのですが、問題点の1つすら改善出来ない様では復縁は夢のまた夢の話しになってしまいます。

セコイ男性は自分がした事を恩着せがましく彼女に伝えます。

離れた心を取り戻す為に

セコい男性は自分が好きでやった事にも関わらず、別れたから…別れるなら…と自分が好きでした事を元カノに恩着せがましく話した上で『復縁したい!!』と恥ずかしげもなく言えます。

元カノが『〇〇を買って欲しい』と言ったとして、買ってあげたいと思うから買うのは男性の決断になります。

セコい男性は『欲しいって言ったから買ったんだ。別れるならバックのお金を返して欲しい』といった自分が好きでプレゼントしたもののお金を請求する事もあります。

女性の立場で考えれば『あなたが好きで買ってくれたプレゼントなのに何故返さないといけないの?』となるのですが、男性のセコさに拍車を掛ける為、『この男は本当に無理だ…』と復縁どころか友人としての関係すらも持ちたくない…と考えられてしまいます。

セコい男性からご相談を頂くと元カノにした事を全てメモしており、〇月〇日には△△のお店で◇◇をご馳走したといったご馳走した分までメモしているセコい男性もいらっしゃいます。

恩着せがましいセコい男性は元カノと付き合った時間の元を取ろうとするので正しいと思っている全ての行動が復縁とは真逆の嫌われる行動にしかならない事に気付かなければなりません。

セコい男性が復縁したいなら何をするべきか?

もう一度やり直したい

セコい男性が復縁したいなら何をするべきか?を考えなければならないのですが、何をするべきか?の前に、1人で復縁活動をして復縁できるのか?という点から考えなければなりません。

自分で自分のセコさに気付く事は出来ません。

自分のセコさに気付かないのですから1人で復縁活動をしたところで復縁を手にする事は出来ません。

問題に気付かない、気付いても直し方が分からない、気付いても直せない、復縁できない3拍子が揃っているのがセコい男性になります。

セコイ男性は誰かに頼らなければ復縁できないのですが、誰かに頼るには友人であったり知人であったりしても食事をご馳走するなり、お金が掛かります。

そのお金すらセコい男性は支払わないのですから、基本的にはセコさを直すには復縁屋も含めた復縁をサポートするサービスを活用する以外に方法はないのです。

セコい男性のまま元カノを諦めるか、元カノを取り戻す為にセコさを解消するか、2つに1つしかないのですが金銭的な負担と元カノとの復縁を天秤に掛けた時にセコい男性が進む道は復縁を諦める道を選ぶのでセコい男性が復縁したいなら何をするか?ではなく、どうやって復縁を諦める為に気持ちを切り替えるか?を考える方が早いのです。