幸せをつかむなら

お笑い芸人であるオリエンタルラジオの中田敦彦さんのWEBコラムと、奥様であるタレントの福田萌さんのツイッターが話題になっています。

タレントの福田萌(33)が23日、自身のツイッターを更新。

夫である「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)が日経DUALの連載コラムで「良い夫やめる」と宣言したことについて言及した。

中田は同コラムで自身が福田の要求に応えすぎたため、その要求がエスカレートしたことを指摘。

カウンセリングなどを経て、「いい夫であるために課していたことを一切やめた」ことを明かし、ネット上で大きな話題となっていた。

福田はこの記事を引用し、「一方の私も『良き妻、良き母』像に縛られていたんだなぁって思います。料理も家事全般も完璧、子育ても完璧な人」とつづり、「話し合いの中で、『料理なんて誰でもできることをやらなくていいよ!』って夫に言われ、ほっと解放されました」と心境を明かした。

続けて「要求がエスカレートして、夫への態度が悪かったのは本当に申し訳ないとしか…笑」と夫に謝罪し、「子供にはすっごい感謝したり褒めてたのに、夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。私が完全に夫に甘えてました」と猛省していた。

(引用元:ライブドアニュース

弊社にも、夫婦のあり方についてのご相談をいただくことがあります。

その場合は復縁工作契約についてはお断りさせていただき、必要であればアドバイスでの契約をさせていただきくようにしており、場合によっては奥様と一緒に合わせていただいて、夫婦問題の解決に協力させていただく形をとることもございます。

それというのも、現状まだ夫婦であり、家庭内でそれなりにコミュニケーションをとることができる状態であれば、無理に復縁工作という形で他人を入れるよりも、根本であるおふたりのコミュニケーションの改善をしたほうが、仮に契約が終了した後であっても、次にまた問題が起これば、ふたりで解決をすることができるようになるからです。

夫婦といっても所詮は他人同士なのですから、諍いやいざこざ、すれ違いが起こることは致し方ない部分があります。

他人を入れて解決すること自体は悪いことではありませんが、ベストを求めるのであればふたりで話し合って解決ができるようになることですから、必要な場合は夫婦カウンセリングを行わせていただいているのです。

さて、中田さんと福田さんの話に戻りましょう。

「良い夫やめる」との脱良い夫宣言と、「一方の私も『良き妻、良き母』像に縛られていたんだなぁって思います。」との気付き。

非常に良いことですね。

夫婦は勿論、カップルであっても、「カップルはこうあるべき」との義務感や強迫観念に縛られてうまくいかなくなってしまう人というのはいます。

例えば古い価値観をお持ちの女性で、「彼氏に口答えしてはいけない」と思い込んだ結果、本当はして欲しいことがあるのに言えなくなってストレスを溜め込むようになってしまったり男性であっても「男らしくいなければいけない」と思い込んで交際相手や結婚相手に弱みを見せることができなくなり、疲れてしまったことで、交際や結婚生活がうまくいかなくなったり・・・

思い当たるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?

このようなジェンダーロール(性役割)に縛られたままでいては、男女関係はうまくいきません。

※ジェンダーロール=その性別に、社会的に期待されている役割のこと

上記に挙げた例は「自分はこの性別なのだからこうしなければならない」との自分へ向けたジェンダーロールへの縛りなため極端な話、その認識の被害を受けるのは縛りを持つ本人自身ですが、逆の場合もあります。

「女なんだからこうしろよ」「妻なんだからこうしろよ」「男なんだからこうあってよ」「夫なんだからこうあってよ」

他者へのジェンダーロールの押し付けですね。

いただいたご相談にあった具体的な例を紹介すれば、

「妻に家庭的な要素が足りません。女性なんですから、夫のシャツにアイロンをかけることくらい当たり前ははずです。それなのに、仕事で疲れているからといってアイロンをかけることをサボり、そのせいで恥をかきました。それについて妻に「女性らしくない」と責めたら喧嘩になり、口をきいてもらえません。どうすれば良いでしょうか?」

といった具合です。

簡単な話です。

自分でアイロンをかければいい、それだけです。

ですがこの問題はアイロンだけではなく、根本である「女性なんですから」の部分です。

これを解決しなければ、例え相談者が自分で自分のシャツにアイロンをかけるようになったところで、別の部分で「女性なんだから」とのジェンダーロールを基準に相手を責めることに繋がり、再びの喧嘩が起こるだけでしょう。

この場合、必要なものは復縁工作ではなく、ジェンダーロールに縛られた相談者自身の価値観の改善です。

それを改善でき、「女性なんだから」のジェンダーロールを押し付けをやめてコミュニケーションをうまくとることができるようになることが、復縁への道筋となります。

冒頭の中田さんの件もそうですが、「こうであろう」との高い目標を持つことは良いことではある反面、目標に縛られて日常の結婚生活がうまくいかなくなれば、本末転倒です。

同じく、相手に対して「こうあってほしい」との理想を持った結果、その理想にそぐわないからと不満を溜め、関係が悪くなることも本末転倒ですよね。

本来の最も大切な目標や理想は、夫婦であってもカップルであっても、「お互いがお互いを思いやり、慈しみあい、素敵な関係で日々を送ること」でしょう?

極端な話、社会的に少数派な夫婦やカップルの形であれ、そのふたりさえ幸せであれば、何の問題もないはずです。

ジェンダーロールや一般論に縛られる必要は、どこにもありません。

いつの間にかうまくいかなくなってしまった夫婦関係やカップル関係の改善、そのような問題にも、ジースタイルは協力させていただいています。

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

参考ブログ記事