復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

よりを戻す間際になると自分では分からない内に焦り出します。

焦るからよりを戻せるのになかなか戻れない状況になり、焦って解決しようとするので復縁は難しくなります。

復縁間際になって焦るのはよくないと思っていても焦ってしまうのがよりを戻す間際の人達であり、後少しの我慢が出来ればよりを戻す事が出来ていたのに、その我慢が出来ない為によりを戻せなくなってしまった方々を弊社ではよく見ています。

では、よりを戻す為の心構えはどの様に持てばいいのか?

焦ってはいけない事は分かると思いますが、手を伸ばせばもう少しでずっと求めていたものが手に入る!と思えば人は焦ります。

ここまで来て絶対に手放したくない…と思うから慎重になり過ぎても手に入れたいものが入らなくなりますし、心構え一つで全てを失うかもしれないし、手に入るかもしれない事を忘れてはいけないのです。

よりを戻す間際は不安との戦いもあると思いますし、逆に自信を持ち過ぎてしまう事もあります。

復縁したい!と思う側であるという謙虚な姿勢は大切ですが、過剰な考えは避けなければならないのです。

謙虚過ぎるのもダメ。

自信を持ち過ぎるのもダメ。

常に気持ちの面でフラットな状況を作らなければならず、気持ちの面でフラットな状況を作るからよりを戻す間際の心構えを間違えると取り返しのつかない事態になるのです。

恋愛には駆け引きが求められ、駆け引きをするから最後の一押しをするタイミングを見抜く事も出来ますし、最後の一押しをするタイミングを見誤ればチャンスを失ってしまう事もあります。

心構え一つで復縁できるかどうかも変わり、心構え一つで復縁できる可能性も上下します。

よりを戻す間際の判断はとても難しいのですが復縁したいなら焦らず自信を持ち過ぎずではなく復縁間際まで頑張れた自分に自信を持って行動する事が求められます。

よりを戻す間際の心構えを間違えるとせっかく復縁間際だったものが遠のきますので本当に復縁したいならよりを戻す間際の心構えを間違えない様にして下さい。