復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

元カノとよりを戻したいと思ってlineを送ってみました。

僕の送ったlineを見て下さい。

というご相談を頂く事がありますが、よりを戻したいと思っている人が送るlineを見ると98%の相談者様が酷いlineを送っています。

しかし、残念ながらlineを送った相談者様本人は何が酷いのかサッパリ分かっておらず、何が酷いのかサッパリ分からないままパートナーに送っているので、復縁どころか既読スルーされてどうすれば良いか分からない…という方がとても多いのです。

相談者様がパートナーに送ったlineの内容を見ていると、ストーカー紛いであったり、パートナーが呆れるであろう事が分かったり、下手をしたらケンカを売る様なlineを送っているのに本人はそれに気付きません。

気付かないので本人は復縁する為のlineだと思っていても、パートナーからすれば復縁したい人が送って来るlineだとは思えず、パートナーの気持ちを動かせないlineを送っているにも関わらずパートナーの気持ちを揺れ動かし、復縁しようとしているのですから、こういった相談者様が一人でどうにか復縁しようとしても復縁できない事が分かります。

何故なら、復縁出来ないのはパートナーの気持ちを全く理解していないからであり、自分がしたい事をパートナーにぶつけ、パートナーの気持ちを全く汲み取らずに『復縁したい!!』と伝えるのですから、パートナーにしてみたらいい迷惑以外の何ものでもありません。

何がいけないのかをお伝えすると『あ~なるほど…』と相談者様は仰るのですが、なるほど…と理解した事を示す言葉を口にする割に、『じゃあどういうlineを送ればいいんですか?』と仰います。

この相談者様が復縁出来ない理由は沢山ありますが、まず第一にどういうlineを送ればいいか?を他人に聞いている時点で返信がパートナーから来てもやり取りが出来ないのですから、復縁出来ないと思いませんか?

そして、第二にパートナーの気持ちを第三者よりも相談者様の方が本来理解しているはずなのに、全くパートナーの事を知らない第三者に作ってもらうlineの方がパートナーを理解している様なlineになっているなら、相談者様がパートナーを幸せにしてあげる事は出来るでしょうか?

lineはチャットですから、一つ何かの文章を送ればパートナーの心に響くものではありません。

会話でも『愛してる!』と言うから愛してる気持ちが伝わるのではなく、『愛してる!』という言葉の他にも愛してるを表す言葉や行動を示すから愛してる気持ちが伝わるのです。

愛してる!と言うから愛してる事が伝わると思い込んでる人は、lineをどう送ればいいか?を気にしますが、本来伝えなければならない事を伝えられないのでパートナーには何も伝わらないlineになってしまい、復縁出来ないという結果にもなるのです。

よりを戻したいのに、よりを戻そうとして送るlineがパートナーから嫌われるlineになっており、パートナーから嫌われるlineを送ってる事にすら気付かない相談者様が復縁できる日が来る事はないのです。

lineは文章を送る便利なツールですが、lineを送ればどんな気持ちで、どんな人なのか?をパートナーも含めた全ての人が気付くのです。

普段からlineを送らないから分からない…ではなく、復縁したい時のlineの送り方が分からない…でもなく、あなたが送るlineにはあなたの気持ちやあなたの考え方、あなたの行動全てが表れるのですから、よりを戻したくてlineを送る人達は自分が何を伝えたくてパートナーにどう思ってもらいたくて送っているlineなのか?を客観的な視点で自分で作ったlineの内容を確認してから送る事をお勧めしています。

本当に復縁したい人や復縁成功した人は簡単に言えばよりを戻したくてlineする人の多くが自分が送られたら困る様な内容ばかりを送っているのが、よりを戻したくて送るlineになります。だから復縁に繋がらないのですよ。