復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談で多いのが、『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』というご相談になり、lineを送れば復縁できるとは思っていないけれど少しでも復縁の成功率を上げる為に良いlineを送りたい!!という相談者様は少なくありません。

その為、lineを送るだけで復縁できるとは言わなくても送ったら少しでも復縁を意識させられるlineの送り方を教えて欲しいとお考えになってご相談頂いていると思いますが、復縁屋の返答は『その考えを持っている時点でどんなlineを送ろうと復縁出来ないと思いますよ。』という言葉しか出せないのです。

『いやいや、lineの文章を教えてくれれば良いんですよ。』と食い下がる相談者様もいらっしゃいますが、復縁屋も『いやいや、その文章を教えようがないんです。』と更に断ります。

『復縁屋なのにそんな文章も分からないのか?』と更に食い下がる相談者様もいらっしゃいますが、復縁屋も『復縁屋だからこそ、その文章を教えようがないんです。』と聞かれた事に答えられない事をお伝えしています。

『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』という相談を最初からされる相談者様は、今の状況も説明もせずにlineを送る事で復縁の成功率を少しでも上げられる方法を求めている事になり、誰にでも通じるようなlineを送ったところで復縁出来ない事を復縁屋は分かっているから教えようがないのですが、『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』という相談を最初からされる相談者様に『状況が分からないから教えようがないんですよ。』と復縁屋が教える事はありません。

それすら教えなければならない相談者様に一から十まで教えていれば時間が掛かりますし、時間を掛けて理解して頂く必要は相談者様にはあっても復縁屋にはないので教える必要もないので答える必要がありません。

『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』という相談自体は間違っていなくても、それを聞くなら先に説明しなければならない事があるにも関わらず、『復縁屋なのにそんな文章も分からないのか?』という言葉を出すのですから、彼氏(彼女)との関係も説明もせず自分の聞きたい事だけを聞いていたりコミュニケーションを取っていても一方通行になっているので彼氏(彼女)との関係もどんな関係を築いていたかが容易に想像出来ます。

その相談者様に『○○という文章は返信する確率が高いですよ。』とお伝えして返信が来ると『○○っていう返信が来たんでその返信にどうやって返信すれば良いですか?』という相談が来るようになり、テンポ良くやり取りをしていれば結局最終的には会う形になったところで、実際に会うと返信を作ってたのは復縁屋ですから彼氏(彼女)は復縁屋に対して良い印象を持っていたけれど相談者様に良い印象を持っていた訳ではないので会ってガッカリし、当然復縁出来ません。

相談者様の中には会えばどうにかなる!!と考えるのですが、『会ったところで復縁を考えてくれる事は無いですよ。』とお伝えしたところで、その言葉に理解を示しません。

彼氏(彼女)の事を理解しているなら自分で彼氏(彼女)に送るlineの内容を考えられるはずですが、それは出来ず、lineは作れないけど会えばなんとかなるかの様な話しをされるのですが、『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』と言う相談者様に彼氏(彼女)が絶対に復縁を考えてくれる事はないのです。

『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』という相談者様は何故他人にlineの内容を教えてもらわなければならなくなったのか?を考えなければなりませんし、その様な状況を作ってしまったのは相談者様であり、相談者様が自分で作った状況も説明せずに『どんなlineを送れば復縁出来ますか?』と聞いたところで状況を復縁屋は分かりませんし、説明してないのに『そんな文章も分からないの?』という言葉を出すのはどちらに問題があるでしょう?

復縁屋は分かっていて敢えて『どんな状況なのか教えて頂けばlineの作り方を教えますよ。』と言いませんし、そういった相談者様が抱える自分の問題に気付いて頂けなければ絶対に復縁は出来ないので、本当に復縁したいなら相談者様は彼氏(彼女)を否定するのではなく、どんな事であれ自分に問題がある事に気付かなければ復縁は難しい訳ですし、言葉でアドバイスをするのではなく相談者様に自分で気付いて頂く為のアドバイスを復縁屋は実行しなければならないので、嫌味を言われたり罵声を掛けられる事もありますが、こういった事に相談者様が気付いて頂けば復縁する為に何が必要なのか?に辿り着くかもしれないと信じての行動になります。