復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談を頂く際に、相談者様から『彼(彼女)は…』と、彼氏(彼女)の不満を聞かされる事があり、不満があるなら復縁など望まなければ良いのに…とも思えますが、相談者様は恋人の不満を口にし、嫌なら別れて正解だと考えずに別れを告げられて復縁相談をしているのに恋人への不満を口にします。

これを相談者様は恋人に置き換えていただきたいのですが、恋人は相談者様への不満が募って別れを決断した訳ですし、相談者様も恋人への不満が募るなら『復縁したい!!』と言わなければいいのに…とも思うのですが、恋人への不満を抱えている相談者様は不満を口にしながら恋人との復縁を望みます。

相談者様への不満があるから恋人は別れを決断した訳で、別れた後にも恋人への不満を口にする相談者様なので復縁を意識してくれる訳もなく、復縁したいと思ってくれるはずがない事を相談者様は理解していないのです。

恋人の事を直接ではないにしても悪く言うような相談者様は自分が抱えている問題点を見ずに他人の問題点ばかりを気にするのですから、誰がそんな他人への不満ばかりを口にする相談者様と復縁したいと思うでしょうか?

相談者様は自分では気付かないのですが、無意識の内に他人を攻撃している事を分からずに他人を攻撃しているのですから復縁したくても無意識の内に恋人を攻撃していて、恋人に不愉快な想いをさせている事に気付きません。

知らぬ間に恋人を不愉快にさせていれば恋人が別れたいと思うのも当然ですが、恋人を不愉快にさせていた等は考えずに自分が不愉快にさせられていたという事ばかり復縁相談なのに仰るのです。

相談者様と同じ考えを恋人が持っていれば、相談者様と恋人はケンカにしかなりませんし、お互いにお互いを傷付ける関係であり、お互いに協力して二人の関係を良くしよう!!という関係ではない事が分かると思います。

恋人への不満を全く赤の他人に漏らしたとしても恋人には伝わらないと考えるのですが、相談時に仰った同じ言葉が恋人に伝わるのではなく、相談者様が抱えている恋人への不満が言葉を変えて伝わってしまうので相談者様が『直接言う訳ないじゃないですか!!』という言葉をよく口にするのですが、気付いていないのは相談者様だけで、相談者様以外の恋人も含めた全員が恋人への不満に気付くのです。

そういった相談を聞かされる復縁屋は『嫌なら別れて正解じゃないですか!』としか言いようがありませんし、嫌なら別れて正解の相談者様から復縁相談を頂いたところで、本当に復縁したいと思っているんだろうか?としか思えませんし、復縁したいのに恋人への不満を口にしている相談者様が復縁できる日が来る事はありません。

本当に復縁したいなら恋人への不満ではなく、恋人の良いところを評価する物の見方が出来なければなりませんし、恋人を評価する物の見方が出来ない相談者様が直さなければならない点の一つは恋人への不満を簡単に口にしてはいけない事を忘れてはいけません。